ニュース
» 2008年11月05日 13時51分 UPDATE

ハーマン、シリーズ最上位カナル型などAKG製イヤフォン/ヘッドフォンなど9製品

ハーマンインターナショナルがAKG製イヤフォン/ヘッドフォン計9モデルを発売。

[ITmedia]

 ハーマンインターナショナルは10月5日、AKG製イヤフォン/ヘッドフォンを11月より順次販売開始すると発表した。インイヤー型2モデル、カナル型4モデル、オンイヤー型ヘッドフォン3モデルが用意され、価格はいずれもオープン。

製品名 タイプ 実売想定価格
K315 インイヤー型イヤフォン 3200円前後
K313 インイヤー型イヤフォン 4000円前後
K321 カナル型イヤフォン 6000円前後
K330 カナル型イヤフォン 1万円前後
K340 カナル型イヤフォン 1万3000円前後
K370 カナル型イヤフォン 2万円前後
K420 オンイヤー型ヘッドフォン 1万円前後
K430 オンイヤー型ヘッドフォン 1万4000円前後
K450 オンイヤー型ヘッドフォン 2万円前後

 インイヤー型の「K315」「K313」はいずれも豊富なカーバリエーションを備え、カジュアルに音楽を楽しめるモデル。再生周波数帯はK315が17Hz〜23kHz、K313が16Hz〜21kHz。K315はケーブルにボリュームコントローラーを備える。カラーバリエーションは、K315が「GARNET RED」「PEBBLE BLACK」、K313が「CORAL」「GRASSHOPPER」の2色を用意する。

photophoto K315「GARNET RED」「PEBBLE BLACK」
photophoto K313「CORAL」「GRASSHOPPER」

 カナル型の「K370」はシリーズ最上位モデル。プラグには金メッキを施したほか、3.5ミリ→6.3ミリ、3.5ミリ→航空機用と2種類の変換プラグも付属する。再生周波数帯域は11Hz〜24kHz。「K340」も同じく金メッキプラグを装備。再生周波数帯域は11Hz〜23.5kHz。「K330」は独自の音響設計によって、クラスを越えた低域の再生能力を持つ。再生周波数帯域は12Hz〜23.5kHz。「K321」はスタンダードクラスの製品で、CLOUD WHITEとSKY BLUEのカラーバリエーションを用意する。再生周波数帯域は13Hz〜22.5kHz。

photophoto 「K370」(写真=左)、「K340」(写真=右)
photophoto 「K330」(写真=左)、「K321」(写真=右)

 

 オンイヤー型ヘッドフォンは折りたたみ機構を備えた小型ヘッドフォン、「Mini」シリーズの新製品。折りたたみ機構「3D-Axis」も改良され、よりコンパクトに収納可能となった。「K450」はシリーズ最上位モデルで、11Hz〜29.5kHzとワイドな再生周波数帯域を持つ。「K430」はスタンダード、「K420」はセミオープンタイプで、それぞれ12Hz〜28kHz、13Hz〜27kHzの再生周波数帯域を持つ。

photophotophoto 「K450」(写真=左)、「K430」(写真=中)、「K420」(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう