ニュース
» 2008年11月06日 13時32分 UPDATE

レコード/テープデッキを装備したCDレコーダー「LP-R500」――ティアック

ティアックは、ターンテーブルとカセットデッキを装備したCDレコーダー「LP-R500」を発表。アナログ音源を手軽にデジタル化できる。

[ITmedia]
photo

 ティアックは11月6日、ターンテーブルとカセットデッキを装備したCDレコーダー「LP-R500」を発表、12月上旬より発売する。価格はオープン、予想実売価格は7万円前後の見込みだ(税込み)。

 アナログ音源を手軽にCD-R/RWへダビングできるレコーダーで、従来モデル「LP-R400」と同様にアナログレコードとFM/AMラジオ機能を備えたほか、カセットテープデッキも内蔵したのが特徴。また、別途オーディオタイマーなどを併用することで、ラジオ番組の留守録なども行える。

 ターンテーブルはLP/EP/SP回転に対応。本体コントロール用のリモコンも付属する。本体サイズは470(幅)×390(奥行き)×230(高さ)ミリ、重量は約11キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう