連載
» 2008年11月10日 01時02分 UPDATE

本山由樹子の新作劇場:3DCGで描かれるクローン大戦――「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」

あの銀河のサーガはまだ終わっていなかった!「スター・ウォーズ」新時代の幕開けとも言うべき3DCGアニメーションが12月17日にBlu-ray Disc化!

[本山由樹子,ITmedia]

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(Blu-ray Disc)

photo

 ファンにはお馴染みのクローン大戦をジョージ・ルーカス製作総指揮で3DCGアニメ化した「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」が、12月17日にBlu-ray Discで登場する。

 音声特典は、監督デイブ・フィローニ、製作キャサリン・ワインダー、脚本ヘンリー・ギルロイ、編集ジェイソン・W.A.タッカーが参加した映像付きのコメンタリー。映像特典は「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ:TVシリーズの見どころ」「アフレコ:命を吹き込むまで」「サーガを彩る音楽」、42枚のスチール・ギャラリー、US公式サイト・コンテンツ(イントロダクション/新たなるサーガ/クローン・トルーパーを描く/英雄の系譜/悪の系譜/アソーカ・タノ)、未公開シーン集(前線突破!/ランコア・ピットの戦い/ドロイドの襲撃/貨物室の危機)、予告編集(オリジナル劇場予告編2種類/ビデオゲーム予告編)、ホログラム・メモリーゲーム(レベル1〜3をクリアすると計3分のオマケ映像が楽しめる)などを収録している。

 この3DCGアニメ版の時代設定は実写版「〜エピソード2/クローンの攻撃」と「エピソード3/シスの復讐」の間。同じくクローン大戦を描き、評価の高かった2Dアニメ版とはまったく違う新バージョンとなる。

 ドロイド軍を率いる邪悪な分離主義に苦しむ銀和共和国は、宇宙の辺境地域を仕切るジャバ・ザ・ハットとの間に輸送路の確保を取り付けようとしていた。アナキン・スカイウォーカーとそのパダワン(弟子)、アソーカ・タノは計画を実現させるため、誘拐されたジャバ・ザ・ハットの息子を連れ戻そうと動き出す。しかし、この誘拐事件の裏には皇帝の罠が張り巡らされていた……。

 注目のキャラクターはシリーズ初の女性パダワン、アソーカ・タノと2本のライトセイバーを巧みに操る暗殺者アサージ・ヴェントレス。新キャラとして初登場のアソーカ・タノは恐いもの知らずで、マスターのアナキンを困らせることもしばしば。一方のアサージ・ヴェントレスは2D版にも登場済みだが、オビ=ワン・ケノービとのライトセイバー戦は必見だ。

 「エピソード3」でも登場した歩行型兵器のAT−TEが垂直に断崖絶壁をのぼるほか、マグナガード・スターファイターなど新メカの見どころも多数。

 ドゥークー伯爵を演じたクリストファー・リー、メイス・ウィンドゥを演じたサミュエル・L・ジャクソン、C-3POを演じたアンソニー・ダニエルズらが声の出演をしているのは往年のファンにはうれしいところ。

 本作のその後を描いたTVシリーズも今後放映予定。この3DCGアニメ版ですべてがまとまると思ったら消化不良を起こすが、「SW」の新時代の幕開けとしてファンなら押さえておきたい1本だ。

関連サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/clonewars/(公式サイト)

この作品を購入したい→amazon.co.jp

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(Blu-ray Disc)
発売日 2008年12月17日
価格 4980円
発売元 ワーナー・ホーム・ビデオ
販売元 ワーナー・ホーム・ビデオ
スタッフ 監督:デイブ・フィローニ/原案・製作総指揮:ジョージ・ルーカス
声の出演 :マット・ランター、アシュレイ・エクステイン、トム・ケイン
上映時間 98分(本編)
製作年度 2008年
画面サイズ シネスコサイズ・スクイーズ
ディスク仕様 片面2層
音声 (1)ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語 (2)ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
特典 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」:TVシリーズの見どころ/アフレコ:命を吹き込むまで/サーガを彩る音楽/スチール・ギャラリー/US公式サイト・コンテンツ/未公開シーン集/予告集/ホログラム・メモリーゲーム

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう