ニュース
» 2008年11月10日 10時57分 UPDATE

世界最小級:全長10センチのかわいい室内用ヘリ「miniBee」登場

シー・シー・ピーは、赤外線コントロールヘリコプター「miniBee」(ミニビー)を11月中旬に発売する。全長10センチ、本体重量わずか8グラムの「世界最小級」(同社)。

[ITmedia]
photo 「miniBee」(ミニビー)

 シー・シー・ピーは、手のひらにすっぽり収まるサイズの赤外線コントロールヘリコプター「miniBee」(ミニビー)を発表した。レッド(Aバンド)とブルー(Bバンド)の2種類を11月中旬に発売する。価格は3129円。

 「HoneyBee」(ハニービー)シリーズの小型版。全長10センチ、本体重量わずか8グラムの「世界最小級」(同社)に進化した。メインプロペラの上部にスタビライザーを備え、機体のバランスを自動的に補正するため、小さくても安定した飛行が可能だという。また、今回はヘリコプター本体が小型になったため、コントローラに収納して持ち運ぶことが可能になった。

 コントロールは上昇/下降、右旋回/左旋回の2チャンネルシステムで、5メートルの範囲で操作できる。デジタルプロポーショナル方式を採用しているため、上昇/下降の微調整も可能だ。

 本体にはリチウムイオンポリマー充電池を搭載。コントローラに接続して充電するのは従来と同じだが、今回は充電状態のままコントローラに収納することも可能になった。コントローラには単三形乾電池×4本を使用。約30分間の充電で5分間の連続飛行が行える。

photophotophoto 「miniBee」は、レッド(Aバンド)とブルー(Bバンド)の2種類。充電状態のままコントローラに収納することもできる

 対象年齢は15歳以上。

関連キーワード

ヘリコプター | 最小 | デザイン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.