ニュース
» 2008年11月10日 10時57分 UPDATE

世界最小級:全長10センチのかわいい室内用ヘリ「miniBee」登場

シー・シー・ピーは、赤外線コントロールヘリコプター「miniBee」(ミニビー)を11月中旬に発売する。全長10センチ、本体重量わずか8グラムの「世界最小級」(同社)。

[ITmedia]
photo 「miniBee」(ミニビー)

 シー・シー・ピーは、手のひらにすっぽり収まるサイズの赤外線コントロールヘリコプター「miniBee」(ミニビー)を発表した。レッド(Aバンド)とブルー(Bバンド)の2種類を11月中旬に発売する。価格は3129円。

 「HoneyBee」(ハニービー)シリーズの小型版。全長10センチ、本体重量わずか8グラムの「世界最小級」(同社)に進化した。メインプロペラの上部にスタビライザーを備え、機体のバランスを自動的に補正するため、小さくても安定した飛行が可能だという。また、今回はヘリコプター本体が小型になったため、コントローラに収納して持ち運ぶことが可能になった。

 コントロールは上昇/下降、右旋回/左旋回の2チャンネルシステムで、5メートルの範囲で操作できる。デジタルプロポーショナル方式を採用しているため、上昇/下降の微調整も可能だ。

 本体にはリチウムイオンポリマー充電池を搭載。コントローラに接続して充電するのは従来と同じだが、今回は充電状態のままコントローラに収納することも可能になった。コントローラには単三形乾電池×4本を使用。約30分間の充電で5分間の連続飛行が行える。

photophotophoto 「miniBee」は、レッド(Aバンド)とブルー(Bバンド)の2種類。充電状態のままコントローラに収納することもできる

 対象年齢は15歳以上。

関連キーワード

ヘリコプター | 最小 | デザイン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう

アクセストップ10

2017年06月22日 更新
  1. 今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない――バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」 (2017年06月22日)
  2. ピコ太郎さんナゾソングの正体はこれだった! 「レイトン教授」世界10カ国でリアルナゾ解き企画を開催 (2017年06月20日)
  3. ポケモンGOアプリがアップデート、レイドバトルの準備が進む 手持ちのポケモンがデカくなるバグも (2017年06月21日)
  4. 「toio」をきっかけにソニーも変わる? 体感型おもちゃが示す本当の価値 (2017年06月21日)
  5. 大人の女性にうれしいスマートウォッチ! 小さく軽くなったソニーの「ウェナリスト」――スワロフスキーをあしらったモデルも (2017年06月21日)
  6. ポケモンGOにレイドバトル実装、協力して強大なボスポケモンを倒せ! ジムにも新要素、「わざマシン」など新アイテムも続々 (2017年06月20日)
  7. ヘッドフォンみたいな扇風機「ヘッドホンなクーラー」、サンコーから (2017年06月20日)
  8. 人についてくる赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」 (2017年06月20日)
  9. 転んでも自分で起き上がるカメラ付きホームロボット「アボットライリー」 (2017年06月21日)
  10. AI技術がテレビの画質を上げる! 東芝レグザの「AI機械学習HDR復元」とは (2017年06月19日)