インタビュー
» 2008年11月12日 12時58分 UPDATE

“Blu-ray内蔵”が「AQUOS」にもたらしたもの (1/3)

シャープの“AQUOS”DXシリーズは、BDレコーダーを内蔵した初めての液晶テレビだ。1台でテレビの視聴からBD/DVDの再生、ハイビジョン録画までこなす、いわば“現代版テレビデオ”。録画機能については割り切った仕様といえるが、実は面白い使い方を提案する新機能もあった。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 シャープは、世界初のBlu-ray Discレコーダー内蔵の液晶テレビ“AQUOS”DXシリーズを11月20日に発売する。1台でテレビの視聴からBD/DVDの再生、ハイビジョン録画までこなす、いわば“現代版テレビデオ”だ。HDDは搭載せず録画機能については割り切った仕様といえそうだが、実は面白い使い方を提案する新機能も盛りこまれていた。

photo “AQUOS”DXシリーズは6サイズ

 AQUOS DXシリーズは、右側面にスロットインタイプのBDドライブを搭載した液晶テレビだ。26V型から52V型まで6サイズがあり、それぞれに2〜3色のカラーバリエーションを用意している。仕様の詳細は発表記事を参照してほしいが、37V型以上のモデルには倍速駆動&10ビット対応パネルを採用するなど、最近のトレンドを盛りこんだ仕様だ。

 オーディオ関連でも同社お得意の1ビットアンプと2Wayバスレフ型のスピーカーを搭載し、46V型と52V型ではさらにサブウーファーを含む2.1チャンネルシステムとした。BD部は1080/24pの出力にも対応しているほか、音声信号をビットストリーム出力する機能も備えており、AVアンプなどと組み合わせてシアターシステムに拡張することも容易だ。

 オールインワンスタイルにした理由について同社AVシステム事業本部、液晶デジタルシステム第1事業部商品企画部の渥美忠道係長は、「省スペース性はもちろん、消費電力も2台の機器を使うより15%ほど削減できる。また、レコーダーとテレビを一体化することはAQUOS純モードのようにパネル特性に合わせた映像表示を行う際にも有利。なにより、煩わしい配線を極力なくし、リモコン1つで簡単・快適な操作が必要になった」と話す。

photophoto 52V型の「LC-52DX1-B」(左)と26V型の「LC-26DX1-R」(右)
photophoto 本体の右側面にスロットインタイプのBDドライブを搭載している(左)。シャープ、AVシステム事業本部、液晶デジタルシステム第1事業部商品企画部の渥美忠道係長(右)

 例えばBDソフトのディスクを挿入するだけでテレビの電源が立ち上がり、再生を開始する「一発再生」などは一体型ならではの操作性といえる。「AQUOSファミリンク(HDMIコントロール)の登場により、単体レコーダーとテレビでも2アクションでBD再生が始まるようになった。しかしオールインワンタイプなら、それを1アクションに減らせる」(同氏)。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう