ITmedia NEWS >
レビュー
» 2008年11月18日 08時30分 公開

コンデジ感覚の“レンズ交換式デジカメ”――LUMIX「DMC-G1」 (4/5)

[荻窪圭,ITmedia]

作例

レンズキットの「14-45mm」レンズで撮影したワイド端とテレ端の絵。ワイド端でも収差は少なくシャープな写りを見せてくれる。写真左が、14mm 1/320秒 F8 ISO100。右が45mm 1/200秒 F7.1 ISO100。
ワイド端でしゃがんで撮影。液晶モニターを開いてローアングルで。こういうカットをさっと撮れるのは楽しい。1/200秒 F6.3 ISO100
逆光だったので暗部補正をオフ(写真=左)とオン(写真=右)で撮影してみた。暗部補正はオンにしても構図によってはかからないこともある。2枚目は強さ「中」で暗部補正がかかっており、暗部がすこし持ち上がっている
-2/3段の補正をかけて稲荷を撮影。暗部補正は「弱」。1/250秒 F7.1 ISO125
コスモス。AFポイントを少し右にずらして花の中心にピントを合わせて撮影。1/320秒 F8 ISO100
アスペクト比は4:3、3:2、16:9から選べる。これは16:9で撮影。16:9時は上下がトリミングされた構図となる。1/200秒 F5.6 ISO100、絞り優先AE
シャッタースピード優先AEでスローシャッター。手持ちで撮ったがあまりブレずにすんだ。さすがにこのレンズの手ブレ補正は優秀。0.3秒 F16 ISO100 シャッタースピード優先AE
ホワイトバランスを太陽光に固定し、-1の補正をかけて竹の根元を撮影。1/60秒 F5.6 ISO100
カフェの入口を望遠端で、ホワイトバランスは太陽光。1/60秒 F5.6 ISO125
暗い室内で、手持ちで撮影。1/4秒 F3.5 ISO400
室内で食べ物を。ISO感度はオートで。1/30秒 F3.5 ISO320

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.