ニュース
» 2008年11月20日 14時42分 UPDATE

カラバリ用意、スリムでシンプルな“ポータロウ”

東芝がポータブルDVDプレーヤー“ポータロウ”の新製品「SD-P73SW/SR」を発売。既存モデルより厚みを抑え、2色のカラバリも用意。

[ITmedia]

 東芝は11月20日、ポータブルDVDプレーヤー“ポータロウ”の新製品として、7V型液晶を搭載した「SD-P73SW」(シェルホワイト)、「SD-P73SR」(バーガンディレッド)を12月上旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は2万5000円前後。

photophotophoto 「SD-P73SW」(写真=左、中)、「SD-P73SR」(写真=右)

 同サイズの液晶を搭載する既存モデル「SD-P71S」よりも厚みを抑えたスリムなボディを実現しながら、付属バッテリーで約5時間のDVD連続再生が行える。サイズは190(幅)×31(高さ)×161(奥行き)ミリ、780グラム。液晶画面の解像度は480×234ピクセル。

 市販DVDビデオのみならず、DVD-R/RW(Video/VR、CPRM対応)の再生も可能。CD-R/RWに記録されたDivX、MP3、WMA。JPEGの再生/表示も行える。また、SDメモリーカードスロットも備えており、カードに記録されたMP3/WMA/JPEGの再生/表示に対応する。パッケージにはバッテリー、ACアダプター、ヘッドフォンなどのほか、カーアダプターも付属する。

関連キーワード

東芝 | ポータロウ | ポータブルDVD | MP3 | DivX | スリム | CPRM


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう