連載
» 2008年12月01日 09時24分 UPDATE

本山由樹子の新作劇場:それは謎の女の電話で始まった――「イーグル・アイ」

スピルバーグ製作総指揮によるアクション大作「イーグル・アイ」が早くもBlu-ray Disc化。謎の女の声にほんろうされるシャイア・ラブーフ。アクションとスリルに満ちた快作だ。

[本山由樹子,ITmedia]

イーグル・アイ(Blu-ray Disc)

photo

 スティーブン・スピルバーグ製作総指揮のサスペンス・アクション大作「イーグル・アイ」が2月13日にBlu-ray Disc化。

 特典は未公開シーン、メイキング、衝撃の別エンディング、コンプリート・メイキング&インタビュー、国防の中枢〜「イーグル・アイ」・オン・ロケーション、それはすべてを見ている〜追跡技術という脅威、D・J・カルーソ監督&ジョン・バダム監督対談、NG集、フォトギャラリー、劇場版予告などを収録している。

 コピーショップの店員として食いつなぐジェリー(シャイア・ラブーフ)に、国防総省のエリートである双子の兄イーサン(シャイアの一人二役)が急死したとの知らせが入る。それを機に、ジェリーの銀行口座に大金が振り込まれ、部屋に大量の爆薬と武器が届けられる。やがて武装した警官が乱入し、彼はテロ容疑で拘束されてしまう。

 そんなジェリーを救ったのは、携帯にかかってきた謎の女の声。逃走したジェリーはレイチェル(ミシェル・モナハン)というシングルマザーと合流する。その女は2人の個人情報をすべて把握済み。しかも工事現場のクレーン、街中の信号、電光掲示板など、社会インフラを思うままに操ってみせる。女はレイチェルの子供を人質にとり、2人に不可解な命令を出し続けるが……。

 本作は、スピルバーグが約10年前から温めていた原案を映画化したもの。なんでスピルバーグが自分で監督しなかったの?という疑問が浮かぶが、それは「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」の製作と重なったからだそう。大切な企画は信頼できる秘蔵っ子に任せようということで、「ディスタービア」のD・J・カルーソ監督に託したのだ。

 主演はこれまたスピルバーグのお気に入り、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」でインディの相棒を演じたシャイア・ラブーフ。カルーソ監督とは「ディスタービア」でもタッグを組んでいる。もう1人、陰謀に巻き込まれるシングルマザーを「近距離恋愛」のミシェル・モナハンが好演。

 主人公をほんろうする謎の女の名前はアリアと後に判明するが、彼女の素性や目的は不明。後半はアメリカ政府絡みのコードネーム「イーグル・アイ」の秘密が焦点となる。オープニングのアフガニスタンにおける米国軍事作戦シーンが伏線となっているので要チェック。ちなみにアリアの声は「ブラインドネス」のジュリアン・ムーアが担当している。

 アリアの正体は?といったミステリー要素以外にも、「フレンチ・コネクション」の有名なカーチェイス・シーンを目指したという前半のチェイス・シーンも大きな見せ場だ。

 スリルとアクションの娯楽作は、最先端テクノロジーが敵になる可能性があることを示唆し、情報化社会へ警鐘を鳴らした問題作でもある。「どっかで見たことがある」という不満も聞かれそうだが、娯楽作として十分楽しめる仕上がりなので、未見の人は是非どうぞ。

関連サイト:http://www.eagleeyemovie.com/intl/jp/(公式サイト)

この作品を購入したい→amazon.co.jp

イーグル・アイ(Blu-ray Disc)
発売日 2009年2月13日
価格 4935円
発売元 角川エンタテインメント
販売元 角川エンタテインメント
スタッフ 監督:D・J・カルーソ/製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ
出演 シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、マイケル・チクリス
上映時間 117分(本編)
製作年度 2008年
画面サイズ シネマスコープサイズ・スクイーズ
ディスク仕様 片面2層
音声 (1)ドルビートゥルーHD/5.1chサラウンド/英語 (2)ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
特典 未公開シーン/メイキング/衝撃の別エンディング/コンプリート・メイキング&インタビュー/国防の中枢〜「イーグル・アイ」・オン・ロケーション/それは全てを見ている〜追跡技術という脅威/D・J・カルーソ監督&ジョン・バダム監督対談/NG集/フォトギャラリー/劇場版予告

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう