ニュース
» 2008年12月11日 18時17分 UPDATE

YouTubeへも簡単アップ:ビクター、大容量HDD搭載の「Everio」SDモデル

日本ビクターがビデオカメラ“Everio”の新製品「GZ-MG880」「GZ-MG840」を販売開始。スリム&コンパクトなボディのSDモデルで、YouTubeへのアップ機能も搭載

[ITmedia]
photo 「GZ-MG880」

 日本ビクターはビデオカメラ“Everio”の新製品「GZ-MG880」「GZ-MG840」を販売開始した。価格はいずれもオープンで、実売想定価格は120GバイトのHDDを搭載したGZ-MG880が7万5000円前後、60GバイトのHDDを搭載したGZ-MG840が7万円前後。

 HDD容量以外の主な仕様は共通しており、いずれも撮像素子には1/6型 総画素107万画素のCCDを搭載しており、720×480ピクセルのSD画質動画を撮影できる。記録方式はSD-VIDEO規格準拠(動画はMPEG-2、音声はドルビーデジタル2ch)となっている。

 画質モードはウルトラファイン/ファイン/ノーマルの3種類(解像度は720×480ピクセル)と、解像度が352×240ピクセルになるエコノミーを用意。GZ-MG880ならば搭載する120GバイトのHDDに、最高画質のウルトラファインでも約28時間40分の録画が行える。搭載するマイクロSDメモリーカードスロットを利用して、マイクロSD/SDHCメモリーカードへ動画の保存も行える。

 サイズは53(幅)×68(高さ)×113(奥行き)ミリ/約305グラム(本体のみ)。1月に発表した、スリム&コンパクトな「GZ-MG330」とほぼ同サイズというコンパクトさを実現してる。レンズは35ミリ換算で43ミリ〜1376ミリ(動画)/41ミリ〜1107ミリ(静止画、いずれも4:3)のコニカミノルタレンズ。F値は動画撮影時でF1.8〜4.5、静止画撮影時でF1.9〜4.5。

photophotophoto 「GZ-MG840」

 2.7型の液晶は野外撮影時などの際に輝度を自動制御する機能を搭載。自動点灯機能付きLEDライトや、「GZ-MS100」に搭載された、PCと組み合わせて、撮影した動画を手軽にYouTubeへアップできる機能も備えた。カラーはGZ-MG880がブラック、GZ-MG840がルージュレッド/ロイヤルブルー/プレシャスシルバーの3色。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう