連載
» 2008年12月15日 09時21分 UPDATE

本山由樹子の新作劇場:ハルクがパワーアップ――「インクレディブル・ハルク」

キャストを一新し、アン・リー版とは別モノとして生まれ変わったNEWハルク。娯楽アクションに徹しているので、アメコミファン以外も楽しめる。

[本山由樹子,ITmedia]

インクレディブル・ハルク(Blu-ray Disc)

photo

 マーベル・コミックの人気ヒーローを、エドワード・ノートン主演で新たに実写化した「インクレディブル・ハルク」が2009年2月25日にBlu-ray Disc化。

 特典はルイ・レテリエ監督とティム・ロスによるオーディオ・コメンタリー、メイキング映像、ハルク誕生まで、アボミネーション誕生まで、ハルク現る(1缶詰め工場編/2大学編/3ハーレム編)、もうひとつのオープニング、23種類の未公開シーン、コミックからスクリーンへ、予告編集などを収録している。

 5年前、スーパー・ソルジャー計画と呼ばれる軍の秘密研究に目的を知らされないまま参加していた科学者ブルース・バナー(エドワード・ノートン)。彼は実験中の事故で多量のガンマ線をあび、心拍数が上昇すると緑の巨人ハルクに変身する特異体質になってしまった。

 逃亡した彼は5年もの間、身を隠し、現在は南米で元の体に戻るための方法を模索していた。だが、スーパー・ソルジャー計画の責任者、ロス将軍(ウィリアム・ハート)率いる特殊部隊が、彼の隠れ家に迫る。米軍に見つかったブルースは、追い詰められて、ハルク化する。

 米国に戻り、最愛の女性ベティ(リヴ・タイラー)と再会する。だが、ここでも軍の襲撃に遭遇してしまう。戦いに餓えた特殊部隊員のブロンスキー(ティム・ロス)は、眼前で見たハルクの圧倒的なパワーに魅了され、自らスーパー・ソルジャー計画の被験者に志願、醜く、すさまじいパワーを持つモンスター、アボミネーションに変身する。

 5年前のアン・リー版とはまったくの別モノ。前作がハルク誕生編とするならば、今回は苦難な旅を続けながら巨悪と戦うという、まさに死闘編。監督は「トランスポーター」で知られるルイ・レテリエ。

 感情が高まり心拍数が200を超えると変身し、身長2.7メートルに巨大化。ブルースは、ハルクになったが最後、怒りのままに凶暴化、自身の拳で地面を揺るがし、ハルク・スマッシュをお見舞いする。最新兵器の攻撃を受けても、ビクともしない強じんさ。身近な人間を傷つけてしまうことを恐れ、感情のコントロールに努めようとするが、そう簡単にはいかない哀しさ。圧巻なのは、アボミネーションとのバトル。巨体と巨体がぶつかり合うパワーに、見ているこちらのアドレナリンも全開に。

 特殊な体質ゆえの苦悩はもちろん、恋人との切ないロマンス、巨大化したハルクのパンツが破れない理由など笑いの要素もあり。

 ハルクを演じるのは「幻影師アイゼンハイム」「レッド・ドラゴン」の演技派、エドワード・ノートン。彼は脚本から参加し、ハルクのナイーブな存在感を強調している。娯楽アクションに徹しているので、アメコミファン以外にも楽しめるはずだ。

関連サイト:http://www.so-net.ne.jp/movie/sonypictures/homevideo/hulk/index_flash.html(公式サイト)

この作品を購入したい→amazon.co.jp

インクレディブル・ハルク(Blu-ray Disc)
発売日 2009年2月25日
価格 4980円
発売元 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
販売元 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
スタッフ 監督:ルイ・レテリエ
出演 エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス
上映時間 112分(本編)
製作年度 2008年
画面サイズ シネスコサイズ・スクイーズ
ディスク仕様 片面2層
音声 (1)ドルビートゥルーHD/5.1chサラウンド/英語 (2)ドルビートゥルーHD/5.1chサラウンド/日本語
特典 「インクレディブル・ハルク」メイキング/ハルク誕生まで/アボミネーション誕生まで/ハルク現る(1缶詰め工場編2大学編3ハーレム編)/もうひとつのオープニング/未公開シーン集/コミックからスクリーンへ/予告編集

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう