ニュース
» 2008年12月16日 13時20分 UPDATE

「仲間だけ」に動画配信、キヤノンがiMAGE GATEWAYで新サービス

キヤノンがオンラインフォトサービス「CANON iMAGE GATEWAY」に、ビデオポッドキャストの仕組みを利用して、特定ユーザーのみへ動画を容易に配信できる新サービスを開始。

[ITmedia]
photo

 キヤノンマーケティングジャパンは12月16日、「EOS DIGITAL」「PowerShot」「PIXUS」など同社製品購入者へ向けたオンラインフォトサービス「CANON iMAGE GATEWAY」に、特定ユーザーのみへ動画を容易に配信できる「CANON iMAGE GATEWAY ビデオポッドキャストサービス」を追加、提供を開始した。利用料金などは無料。

 提供される専用アプリ「Video Podcast Utility」を利用することで、対応製品にて撮影した動画ファイルを容易にサーバへアップし、ビデオポッドキャストとして配信できる。動画を受信するためには、iTunesなどの受信ソフトのほか、アップした本人から受信登録用のURLを送信してもらう必要があるため、プライベートな映像を仲間同士で楽しむといった使い方に適する。配信されるファイルはH.264でエンコードされており、動画対応のiPod/iPhoneで視聴できる。

 対応製品はAVI(MotionJPEG)もしくはMOV(H.264)での動画撮影が可能な同社製デジタルカメラおよび、AVCHDもしくはSD-Videoでの撮影が可能な同社製デジタルビデオカメラ(一部対象外機種あり)。AVCHD/SD-Videoについては、Video Podcast Utilityでのファイル変換が必要となる。また、「Zoom Browser EX」「Image Browser」で保存されたAVI/MOV動画とDV-AVIの動画もアップロードできる。

 動画アップ時には最大3つのチャンネルを開設可能で、それぞれから受信登録用のURLを送信できる。1カウントあたりのアップロード可能な動画の容量は1Gバイトで、1ファイルあたりの再生時間は最長10分。1チャンネルあたり最大100本までの動画をアップロードできるが、アップロードした動画は1カ月が経過すると自動的に消去される。

 Video Podcast Utilityの対応OSはWindows XP/VistaおよびMac OS X 10.4/10.5で、CANON iMAGE GATEWAYにてダウンロード提供される(※初出時、企業名が誤っておりましたので訂正いたしました。ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう