ニュース
» 2008年12月17日 15時10分 UPDATE

“立体テレビ”にお手ごろ価格の新製品

ビックカメラが3D放送対応の32型液晶テレビ「E320S」を発売。既存の対応テレビに比べ、ぐっとお手ごろな価格に。

[ITmedia]

 ビックカメラは12月17日、ヒュンダイ製の3D放送対応の32型液晶テレビ「E320S」を12月19日より販売開始すると発表した。価格は16万9800円。「E465S」に続く3D放送対応テレビで、画面サイズも小さくなったが、価格も大幅に引き下げられた。

photo 「E320S」

 付属メガネをかけることで、日本BS放送が「BS11」で放送している「リフレッシュ3D」や「3Dプラネット」「3D立体革命」といった放送を立体的に視聴することができる。ビックカメラ有楽町店などの店舗では、実際に立体放送を体験できるコーナーも用意されている。

 E320Sは、1366×768ピクセルのハイビジョン液晶パネルを搭載、3波対応デジタルチューナーも備えており、一般的なハイビジョン液晶テレビとしての利用も可能。HDMI入力も2系統用意されている。サイズは806(幅)×105(奥行き)×617(高さ)ミリ、約17.5キロ。

関連キーワード

ビックカメラ | ソフマップ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう