ニュース
» 2008年12月25日 16時05分 UPDATE

NHK、東京フィルと共同で“ライブ音場”を再現する実験

NHKは、東京フィルハーモニー交響楽団と共同で「高品質ライブ音場再現方式」の実験を行う。別会場にいても「あたかも演奏会場で聴いている」かのように感じることができるという。

[ITmedia]
photo 実験の概要

 NHKは12月25日、東京フィルハーモニー交響楽団と共同で「高品質ライブ音場再現方式」の実験を行うと発表した。別会場にいても「あたかも演奏会場で聴いている」かのように感じることができるという。

 実験は、2009年1月29日に行われる東京フィルハーモニー交響楽団の「第43回オペラシティ定期演奏会」で実施する。実際に演奏会が行われるのはオペラシティのコンサートホール「タケミツメモリアル」。NHKが研究開発を進めている高品質ライブ音場再現方式を用い、楽器音(直接音)と残響(反射音)を別々に収音して別会場へ送り、その会場の音響条件に合わせた処理を施すことで、タケミツメモリアル特有の音響特性を別会場でも体験できるという。

 楽器音と残響を個別に制御するため、広い聴取エリアで音の奥行き感や広がり感を再現できるのが特徴。別会場でも実際の演奏会場と同様、前方の座席ではクリアな音を、後方では響きの豊かな音を再現するという。

関連キーワード

NHK | コンサート | 楽器 | 研究開発


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう