ニュース
» 2009年01月06日 14時12分 UPDATE

2009年PC春モデル:長時間録画が可能になったテレビのとなりの“丸いVAIO”――テレビサイドPC「TP1」

ソニーのテレビサイドPC「TP1」がVAIO AVCトランスコーダーを内蔵。1Tバイトへ倍増したHDDに地デジ放送の長時間録画可能になった。

[ITmedia]
og_tp1_001.jpg テレビサイドPC「TP1」

 ソニーは1月6日、テレビサイドPC「TP1」シリーズの新モデル「VGX-TP1GX/B」を発表した。発売日は1月10日で、実売価格は20万円前後が予想されている。

 TP1はテレビと接続して使うことを想定した円形の小型PC。2基の内蔵地デジチューナーをはじめ、Core 2 Duo T8100(2.1GHz)や2Gバイトメモリ、Blu-ray Discドライブといった基本スペックは、2008年の夏に登場した「VGX-TP1DQ/B」を引き継いでいるが、HDD容量を500Gバイトから1Tバイトに倍増し、新たにVAIO AVCトランスコーダ−を内蔵。これによりハイビジョン映像をAVC圧縮し、より長時間録画できるようになった。

 インタフェースは、メモリースティックPRO対応スロットとSDメモリーカード(SDHC)対応スロット、100BASE-TX有線LANおよびIEEE802.11b/g無線LANのネットワーク機能、HDMI/DVI-D/アナログRGB出力、光デジタル音声出力などを搭載。FeliCaポートを内蔵したワイヤレスキーボードも付属する。本体サイズは 270(幅)×270(奥行き)×91(高さ)ミリ、重さは約3.5キロ。

 OSには32ビット版のWindows Vista Home Premium(SP1)を採用し、デジタル放送の録画ソフトウェアとして「Giga Pocket Digital」、DLNA対応ホームサーバ/クライアントソフトとして「VAIO Media plus」がプリインストールされる。

 なお、直販のCTOツリーには、Core 2 Duo T9300(2.5GHz)などの高性能なパーツが用意されているほか、カラーバリエーションとしてブラックとホワイトを選択できる。また、店頭モデルでは付属しないMicrosoft Office 2007(Professional/with PowerPoint 2007/Personal)なども選択可能だ。

og_tp1_002.jpgog_tp1_003.jpgog_tp1_004.jpg VAIOオーナーメードモデルでは、店頭モデルのブラック(写真=左)だけでなく、ホワイト(写真=中央)も選べる。春モデルではVAIO AVCトランスコーダ−を内蔵したのがトピックだ(写真=右)

テレビサイドPC「TP1」の概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
テレビサイドPC VGX-TP1GX/B セパレート型 マイナーチェンジ Core 2 Duo T8100(2.1GHz) 2048MB(DDR2) 1TB Home Premium(SP1) 20万円前後
テレビサイドPC「TP1」の概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
テレビサイドPC VGX-TP1GX/B Intel PM965 BD-R/RE対応Blu-ray Disc GeForce 8400M GT 地デジ×2 約3.5キロ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう