ニュース
» 2009年01月21日 11時00分 UPDATE

ランサーリンク、メディアプレーヤー機能内蔵のモバイルプロジェクター「MPJ-101」

ランサーリンクは、VGA表示対応のモバイルプロジェクター「MPJ-101」を発表。メディアプレーヤー機能を装備しており、単体でのプレゼンなども可能だ。

[ITmedia]

 ランサーリンクは、VGA表示対応のモバイルプロジェクター「MPJ-101」を1月21日に発売する。価格はオープン、予想実売価格は7万円前後。

photophoto MPJ-101  ミニ三脚/リモコンなども付属する

 MPJ-101は、LCoS方式採用のモバイルプロジェクターで、55(幅)×125(奥行き)×23(高さ)ミリ、重量100グラム(バッテリー除く)の小型ボディーを採用。表示解像度は640×480ピクセルに対応している。

 メディアプレーヤー機能を内蔵しており、動画/静止画/音声ファイルの再生を本機のみで実行可能。外部デバイスを接続することなくプレゼンテーションを行うことも可能だ。内蔵メモリ容量は1Gバイト。SD(SDHC対応、8Gバイトまで)/MMC/メモリースティック PRO)対応スロットも装備しており、外部メディアも利用できる。

 入力インタフェースはコンポジットビデオ/アナログオーディオを装備。電源はACアダプター駆動のほかバッテリー動作にも対応する。バッテリー駆動時間は約2時間だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう