ニュース
» 2009年01月21日 17時22分 UPDATE

三洋電機、フルHD/プログレッシブ対応の新Xacti

ビデオカメラ「Xacti」に、フルHD/プログレッシブ記録に対応機種が登場。シリーズ初となる横型ボディ採用タイプも用意された。

[ITmedia]

 三洋電機は1月21日、デジタルビデオカメラ“Xacti”の新製品「DMX-HD2000」「DMX-FH11」「DMX-CG10」を2月6日より順次販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格はDMX-HD2000とDMX-FH11が10万円前後、DMX-CG10が4万5000円前後。

photo 「DMX-HD2000」
photo 「DMX-FH11」
photo 「DMX-CG10」

フルHD/プログレッシブ記録対応の「DMX-HD2000」「DMX-FH11」

 「DMX-HD2000」「DMX-FH11」はいずれも高い処理能力を持つ新画像処理エンジン「プラチナΣ-EXエンジン」を搭載することで、フルHD/インターレース(1920×1080/60i)に加え、民生用デジタルカメラとして世界で初めて(同社)という、新たにフルHD/プログレッシブ(1920×1080/60P)での撮影に対応した。映像コーデックは既存モデルに引き続きMPEG-4/H.264だが、プログレッシブ記録に対応するための新チップが搭載された。

 DMX-HD2000は「DMX-HD1010」の後継となるおなじみのグリップスタイルだが、DMX-FH11はシリーズとして初めて横型ボディを採用、本体内に8Gバイトのメモリも備える。撮影に関する基本機能にほぼ違いはなく、横型ボディの採用について同社では「グリップスタイルも定着してきたが、このスタイルに抵抗のある人もいるはず。そうしたひとにも、Xactiの世界に興味と関心を持って欲しかった」と説明している。

photo DMX-HD2000の録画モード設定画面
photo 一般的な横型ボディの「DMX-FH11」
photo 動画/写真の撮影ボタンが大きく独立しているのは従来機と同様

 撮像素子はいずれも1/2.5型 約810万画素CMOSセンサー。レンズは光学10倍ズームレンズだが、CMOSセンサー上の動画撮像エリアを約500万画素に拡大させた「アドバンストズーム」によって、最大16倍、動画撮影時で44.4〜710ミリ(DMX-HD2000。DMX-FH11は41.7〜666.9ミリ)の撮影が行える(いずれも35ミリ換算時)。

photo フルHD/プログレッシブでの撮影に対応
photo 「アドバンストズーム」の採用でDMX-HD2000は44.4ミリからの撮影が可能に
photo ワイド端での画角比較イメージ

 高速読み出しが可能なCMOSセンサーの特徴を生かした高速撮影モードには、新たに「1/4スロー」「1/10スロー」を用意した。解像度が前者では448×336、後者では192×108ピクセルまで低下するが、前者では240fps、後者では600fpsという超高速撮影が行える。また、シャッターボタンを押したままの状態からバッファへ一時的に静止画を保存し続け、撮影ボタンから指が離れた瞬間の静止画を保存する「リバース連写」も備え、シャッターチャンスを逃さない。

 このほかにも、フレーム内の被写体の動きベクトルから回転ブレを検出して補正する「マルチぶれキャンセラー」、圧縮効率を10〜15%高めて画質を向上させた3次元デジタルノイズリダクション、動画撮影時に最大12人までの顔を検出してAF/AEを行う「顔検出&追尾」機能なども備える。

 記録メディアはSDメモリーカードで、プログレッシブ撮影時にはClass6カードの利用が推奨されている。サイズはDMX-H2000が90(幅)×54.5(奥行き)×112.6(高さ)ミリ、268グラム(本体のみ)、DMX-FH11が53.3(幅)×105(奥行き)×57.3(高さ)ミリ、303グラム(本体のみ)。

10メガCMOS搭載のスリムモデル「DMX-CG10」

 DMX-CG10は撮像素子に1/2.33型1066万画素CMOSセンサーを搭載、720p(1280×768 30fps/9Mbps)のハイビジョン動画と最大12M相当(4000×3000ピクセル、画素補完あり)の静止画が撮影できる。既存の720pモデル「DMX-HD800」に比べ体積で約2.5%、重量で約10%のスリム化を図り、携帯性をさらに向上させている。

 動画撮影モードには、720pの「HD-SHQ」のほか、640×480ピクセル(60fps/6Mbps)の「TV-HR」、640×480ピクセル(60fps/3Mbps)の「TV-SHQ」が用意されている。映像コーデックはMPEG-4 AVC/H.264(ファイルの拡張子は.MP4)で、映像は2chステレオ/AAC。

photo 「DMX-CG10」
photo グリップ部のスリムさが増した
photo 液晶は3型(約23万画素)

 光学レンズは40〜200ミリ(動画撮影時)/38〜190(静止画撮影時、いずれも35ミリ換算)の光学5倍ズームレンズで、動画/静止画いずれの撮影時にも有効な電子式の手ブレ補正機能も備える。そのほか、顔検出&追尾機能やリバース連写、3次元デジタルノイズリダクションなどの機能も用意する。

 液晶サイズは3型(約23万画素)で、付属充電池「BD-L80」使用時には約40分の実撮影画が行える。本体サイズは72(幅)×38(奥行き)×112.8(高さ)ミリ、約171グラム(本体のみ)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう

アクセストップ10

2017年06月22日 更新
  1. 今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない――バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」 (2017年06月22日)
  2. ピコ太郎さんナゾソングの正体はこれだった! 「レイトン教授」世界10カ国でリアルナゾ解き企画を開催 (2017年06月20日)
  3. ポケモンGOアプリがアップデート、レイドバトルの準備が進む 手持ちのポケモンがデカくなるバグも (2017年06月21日)
  4. 「toio」をきっかけにソニーも変わる? 体感型おもちゃが示す本当の価値 (2017年06月21日)
  5. 大人の女性にうれしいスマートウォッチ! 小さく軽くなったソニーの「ウェナリスト」――スワロフスキーをあしらったモデルも (2017年06月21日)
  6. ポケモンGOにレイドバトル実装、協力して強大なボスポケモンを倒せ! ジムにも新要素、「わざマシン」など新アイテムも続々 (2017年06月20日)
  7. ヘッドフォンみたいな扇風機「ヘッドホンなクーラー」、サンコーから (2017年06月20日)
  8. 人についてくる赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」 (2017年06月20日)
  9. 転んでも自分で起き上がるカメラ付きホームロボット「アボットライリー」 (2017年06月21日)
  10. AI技術がテレビの画質を上げる! 東芝レグザの「AI機械学習HDR復元」とは (2017年06月19日)