ニュース
» 2009年01月22日 13時46分 UPDATE

ビクター、大口径ドライバー搭載の高品位ステレオヘッドフォン「HP-DX700」

日本ビクターは、ピュアオーディオ向けとなるステレオヘッドフォン「HP-DX700」を発表。上位モデル「HP-DX1000」同様の“ダイレクトマウント構造”を採用した。

[ITmedia]
photo HP-DX700

 日本ビクターは1月22日、ピュアオーディオ向けとなるステレオヘッドフォン「HP-DX700」を発表、2月中旬より発売する。価格はオープン、予想実売価格は6万5000円前後の見込みだ(税込み)。

 HP-DX700は、同社製フラグシップモデルとなるステレオヘッドフォン「HP-DX1000」の設計を受け継ぐピュアオーディオ用の密閉ダイナミック型ヘッドフォンで、天然木ハウジングにドライバーユニットを直接固定する“ダイレクトマウント構造”を採用。不要な振動や共振を抑えつつ、広い音場感を得ることが可能としている。

 ドライバーユニットには50ミリの大口径ユニットを採用。また、高磁力ネオジウムマグネットの搭載により、中低域再生の密度と高解像度を実現した。インピーダンスは64オーム。コード長は3.5メートル。本体重量は380グラム(コード含まず)だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう