ニュース
» 2009年01月26日 21時31分 UPDATE

カシオ、「ダイナミックフォト」をFLVや3GPPに変換するWebサービス

カシオ計算機がカメラ内動画合成機能「ダイナミックフォト」のデータを一般的な動画ファイルに変換できるWebサービスを提供開始した。

[ITmedia]
photo ダイナミックフォト機能を備えた“EXILIM ZOOM”「EX-Z400」

 カシオ計算機はカメラ内動画合成機能「ダイナミックフォト」のデータを一般的な動画ファイルに変換できるWebサービス「ダイナミックスタジオ」の提供を開始した。利用料や登録などは不要となっている。

 「ダイナミックフォト」は被写体を連続撮影して簡易動画をカメラ内で作成、そこに背景を合成することで「写真の中で被写体が動く」という動画を作成できる機能。EXILIM ZOOM”「EX-Z400」「EX-Z270」、“EXILIM SLIM”「EX-S12」に実装されている。

 撮影されたダイナミックフォトは20枚の連続した静止画で構成されており、本サービスを利用することで、この静止画を動画ファイルとして描き出すことができる。書き出せる形式は3GPP、3GPP2、FLV、MPEG-1、MPV、MP4、GIF(アニメーションGIF)で、変換時に画質を3段階(高解像度/標準/低解像度)から選択すると、自動的に適切とされる画像サイズとビットレート、フレーム数が決定される。なお、ビットレートやフレーム数は任意に設定することもできる。

 変換したファイルはダウンロードするほか、カシオのサーバに掲載してインターネットを通じて公開することもできる。なお、サーバでの掲載期間は30日間で、それ以降は自動的に削除される。

関連キーワード

カシオ計算機 | EXILIM | Webサービス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう