ニュース
» 2009年02月04日 16時20分 UPDATE

富士フイルム、乾電池対応で世界最薄「A100」

富士フイルムがコンパクトデジタルカメラ「A100」を発売。入手の容易な単三形乾電池が利用できるデジカメとしては「世界最薄」(同社)だ。

[ITmedia]
photo 「A100」

 富士フイルムは2月4日、コンパクトデジタルカメラ「A100」を2月21日より販売すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は1万7000円前後。

 単三形乾電池対応のコンパクトデジタルカメラとしては「世界最薄」(同社)という、奥行き21.7ミリのスリムなエントリーモデル。撮像素子は1/2.33型 有効1000万画素CCDで、これに35ミリ換算35.5〜106.5ミリのフジノン光学3倍ズームレンズを組み合わせる。

 エントリーモデルながら、フレーム内の人物の顔を最大6人まで検出してAE/AFを行うほか、赤目補正付きフラッシュなども行う顔検出機能「顔キレイナビ」を搭載する。顔検出の技術を利用し、人物の顔を中心としたスライドショー再生も行える。

photophotophoto

 「人物」や「ベビー」「風景」「夜景」「夕焼け」など14のシーンモードを備えるほか、最高ISO 1600の高感度撮影によって被写体ブレ/手ブレを抑制するブレ軽減モードも用意されている。

 背面液晶のサイズは2.7型(23万画素)で、本体サイズは91.5(幅)×60.5(高さ)×21.7(奥行き)ミリ/172グラム(本体のみ)。単三形乾電池で駆動し、アルカリ乾電池を利用した際の撮影可能枚数は約150枚(CIPA規格)。

※初出時、製品名に誤りがありましたので訂正をさせていただきました。ご迷惑をおかけいたしました関係各社各位には深くおわび申し上げます(2009年2月9日)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう