ニュース
» 2009年02月12日 14時43分 UPDATE

ビクター、オブリコーン搭載のピアノフィニッシュスピーカーシステム

日本ビクターがピアノフィニッシュのキャビネットを採用したスピーカーシステム「SX-LT55BK/LC33BK/L33BK」を発売。いずれも独自の“オブリコーン”ウーファーを搭載する。

[ITmedia]

 日本ビクターは2月12日、ピアノフィニッシュのキャビネットを採用したスピーカーシステム「SX-LT55BK/LC33BK/L33BK」を3月上旬より販売開始すると発表した。いずれも構造はバスレフ型で、価格は3ウェイ4スピーカーのSX-LT55BKが14万7000円、2ウェイ3スピーカーのSX-LC33BKが7万3500円、2ウェイのSX-L33BKが4万7250円。

photophotophoto 左から「SX-LT55BK」「SX-LC33BK」「SX-L33BK」

 いずれも直接キャビネットの木材へブラック塗料を塗布することで高い音楽性を実現した品位の高いモデル。ウーファーは「ダイナミックバランスド・オブリコーン」を採用した145ミリ径ウーファー、ツィーターは19ミリ径の純金プレーティング・アルミドームを搭載する。また、高い剛性を持つアルミダイキャストフレームを使用することで、ユニットの能力を引く出す工夫もなされている。

 再生周波数帯域は、SX-LT55BKが32〜80000Hz、SL-LC33BKが52〜80000Hz、SL-L33BKが55〜80000Hz。サイズはSX-LT55BKが300(幅)×1027(高さ)×345(奥行き)ミリ、SL-LC33BKが150(幅)×416(高さ)×293(奥行き)ミリ、SL-L33BKが150(幅)×270(高さ)×245(奥行き)ミリ。

関連キーワード

スピーカー | 日本ビクター


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう