ニュース
» 2009年02月13日 12時48分 UPDATE

ラックスマン、フラグシップモデルの直系SACDプレーヤー「D-06」

ラックスマンが2チャンネルSACDプレーヤー「D-06」を発売。D-08の要素を多く継承しながら低価格も進めた。

[ITmedia]
photo 「D-06」

 ラックスマンは2月13日、SACDプレーヤー「D-06」を3月より販売開始すると発表した。価格は52万5000円。

 同社2チャンネルSACDステレオプレーヤーのフラグシップである「D-08」と同じく、アルミダイキャストトレイローダーを採用したオリジナルのドライブメカ「LxDTM」(Luxman original Disc Transport Mechanism)を搭載する。

 DAコンバーターにバーブラウンのPCM1792Aをデュアルで搭載。高いS/N比とダイナミックレンジを実現した。システムクロックの低ジッター化をはかるジッターリダクションやビット拡張機能なども備える。SACDについては、DSDのまま出力するかPCMへ変換して出力するかを選択することもできる。

 シャーシもD-08と同様に、電流や磁界の影響を低減するループレスシャーシとデジタルノイズをカットするシールドシャーシの複合構造が採用されており、サイズは440(幅)×133(高さ)×410(奥行き)、15.5キロ。

関連キーワード

ラックスマン | SACD


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.