ニュース
» 2009年02月19日 15時06分 UPDATE

東芝、ワンセグ録画に対応した初の“ポータロウ”「SD-P73DTW」を発表

東芝は、ポータブルDVDプレーヤー「ポータロウ」の新製品として、SDメモリーカードなどにワンセグ放送を録画できる「SD-P73DTW」を3月中旬に発売する。

[ITmedia]
photo “ポータロウ”「SD-P73DTW」

 東芝は2月19日、ポータブルDVDプレーヤー「ポータロウ」の新製品として、SDメモリーカードなどにワンセグ放送を録画できる「SD-P73DTW」を発表した。3月中旬に発売する予定で、価格はオープンプライス。店頭では4万円前後になる見込みだ。

 厚さ31ミリのスリムな光沢ボディーを採用したポータブルDVDプレーヤー。ワンセグチューナーとSDメモリーカードスロットを搭載しており、SDメモリーカードやmicroSDメモリーカード(アダプターが必要)へのワンセグ録画に対応する。録画予約は、電子番組表(EPG)もしくは日時指定で行うスタイルで、7日先までの最大16件を登録可能だ。録画予約はDVD再生中でも行えるほか、連続ドラマの録画などに便利な「毎回録画」機能も備えている。

 録画したワンセグの番組は、同社の携帯電話“レグザケータイ”や液晶テレビ“REGZA”の「ZH7000」「ZH500」シリーズなどでも視聴可能。動作確認済みの携帯電話は、auの「W65T」「W64T」「W62T」「W61T」「W56T」「W54T」「W52T」、およびソフトバンクの「921T」「920T」「912T」。

photo 付属のリモコン

 液晶ディスプレイは7V型で解像度は480×234ピクセル。DVDドライブは、市販のDVDビデオのほか、DVD-R/-RWの再生に対応した。CPRMもサポートしているため、対応メディアに記録したデジタル放送番組も視聴可能だ。またCD-RやCD-RWに記録したDivX動画やMP3、WMA、JPEG、SDメモリーカードに収録したMP3、WMA、JPEGの再生もサポートしている。付属のバッテリーでは、約5時間のDVD連続再生が可能だ。

 本体には、3.5ミリミニピンジャックのAV入力端子および出力端子、ビットストリーム出力用の同軸端子、アンテナ入力端子、ヘッドフォン端子などを備える。外形寸法は、190(幅)×161(奥行き)×31(高さ)ミリ、重量820グラム(バッテリー含まず)。リモコンのほか、ACアダプター、耳かけ式ヘッドフォン、ワンセグ用の外部アンテナ、キャリングバック、カーアダプターなどが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう