ニュース
» 2009年02月21日 18時03分 UPDATE

“体験”メインに「A&Vフェスタ2009」開幕

オーディオビジュアル展示会「A&Vフェスタ2009」が開幕した。今年はさらに体験色の強いイベントとなり、最新製品展示を見るだけではなく、“参加”して楽しめる。

[ITmedia]

 日本オーディオ協会が主催するオーディオビジュアル展示会「A&Vフェスタ2009」がパシフィコ横浜のカンファレンスセンターで開幕した。期間は2月23日までで、開催時間は午前10時〜午後7時(23日は午後5時まで)。入場料は無料。

photophoto パシフィコ横浜カンファレンスセンターで開幕した「A&Vフェスタ2009」

 2008年より開催時期を初春に移した本イベントだが、製品やサービスの“展示”が主となる一般的な展示会とは異なり、“体験”する場所を提供するという色彩を強く持つイベントとなっている。

 ソニーやパナソニック、デジタルドメイン、ティアック、ビクターエンタテイメント、クリプトン、パイオニア、富士通テンらはそれぞれセンター内の独立した部屋で自社製品の体験イベントを開催しており(一部メーカーは共同スペースを時間制でシェアしている)、気になる製品の音質・画質を心ゆくまで楽しめる。

photophoto デジタルドメイン(写真=左)、クリプトン(写真=右)の視聴スペース
photophoto ソニーのスピーカー試聴スペース(写真=左)、大画面でのサラウンド体験会(写真=右)

 協会主催の体験型イベントも多彩だ。21日にはアカペラグループ「Aura」のミニコンサートや“音の聞こえ方”についてプロが講演する「オーディオ・リスニング検定」などが行われ、22日には昨年ヒット商品となった新素材CDの聞き比べなども行われる。また、“サラウンド”も大きなテーマとなっており、「サラウンド講座」や麻倉怜士氏らが出演するパネルディスカッションなど21日、22日で5つのイベントが行われる。

 体験イベントで最も大規模なのが、カンファレンスセンター・小ホールを利用しての「生録会」。万全の環境が整えられたホールで、プロの演奏を自分の手で録音できる。自分のデジタルレコーダーで録音するもよし、この機会に協賛メーカーの最新製品を試すも良し(レンタルサービスあり)。プロのエンジニアによるワークショップも同時開催され、なかなか試す機会のない生録を十二分に楽しめる。ワークショップへの参加、演奏視聴については無料だが、録音を希望する際には有料(1000円)となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.