ニュース
» 2009年02月25日 13時57分 UPDATE

「OL応援課」作りました――新生タカラトミーアーツの商品戦略 (1/2)

1月に設立されたタカラトミーアーツが初めての商談会を開催。ゆる〜く遊べるデジタルペットから地球にやさしい地球儀、USB接続の空き缶型加湿器など、OLさんを元気にするアイテムがずらり。

[芹澤隆徳,ITmedia]
photo タカラトミーアーツの佐藤慶太社長は「4社を統合して企業としての基礎体力が向上した。新しい商品で市場を創造していく」とあいさつした

 タカラトミーアーツは2月24日、初めての新製品商談会を開催し、流通業者向けに今後の商品戦略を説明した。同社は、タカラトミー傘下のユージン、ユーメイト、ハートランド、すばる堂の4社を統合し、2009年1月1日付けで設立された新会社。カプセルトイやぬいぐるみの分野でそれぞれ強みを持つ4社だが、最初の新規開拓カテゴリーと位置づけたのは“働く女性たち”だった。

 同社キャンディ企画部の若桑めぐみ氏は、「不況下でなかなか良いニュースを聞かない昨今。まずOLさんたちを元気にして、社内の雰囲気を変えていきたい」と話す。そのためにタカラトミーアーツ社内には「OL応援課」を新設。働く女性のライフスタイルに合わせ、オフィスで使える実用的なアイテムから、仕事の合間やオフの時間に楽しめるエンターテインメントまでをカバーする新製品を相次いで投入する。

 実用アイテムとしては、オフィスの乾燥からお肌を守るUSB加湿器「うるおいくう缶」、エンターテイメント分野ではLOHAS志向の太陽光発電インテリア「太陽の恵み」シリーズや、育成要素など面倒な部分を廃して「ゆる〜く遊べる」電子ペット玩具「Yuruppy」(ゆるっぴ〜)などを展開する。展示会場では、それぞれのアイテムを実際に触ることができた。

photophotophoto 「Yuruppy」(ゆるっぴ〜)は、育成要素などを廃して「ゆる〜く遊べる」電子ペット。タッチパネルを搭載し、ペットをなでたり、楽器の演奏を見たり……。本体の上下左右には専用の接続端子が用意され、友達のYuruppyを接続可能。「ゆるっぴ合体」(接続)するとペット同士がキャッチボールをしたり、画面を行き来して遊んだりすることも。6月発売予定で価格は通常版が2079円、ワイド画面搭載のDX版が3654円。それぞれに「こいぬ」「こねこ」「ことり」の各バージョンがある
photophoto 「うるおいくう缶」(仮)は、パーソナルユースの超音波加湿器。デザインはもちろん、USB電源方式のため、オフィスの机にぴったり。通常は水を入れるが、ハーブのエッセンシャルオイルを入れてアロマテラピー効果を得ることもできる。9月発売で3990円(左)。スイーツの形をした「SWEETS CUBE」(仮)は、指で近くをトントンとたたくと、そのリズムをまねして歌いながらダンスする「まねっこコミュニケーショントイ」。ティラミスやイチゴショートケーキ、プリンなど8月に発売予定。予価は819円
       1|2 次のページへ

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.