ニュース
» 2009年03月03日 11時55分 UPDATE

ペンタックス、デジ一眼向けの超広角対応交換レンズ「smc PENTAX-DA 15mmF4 ED AL Limited」

ペンタックスが超広角撮影に対応するデジタル一眼レフカメラ専用交換レンズ「smc PENTAX-DA 15mmF4 ED AL Limited」を発表した。

[ITmedia]
photo smc PENTAX-DA 15mmF4 ED AL Limited

 ペンタックスは3月3日、デジタル一眼レフカメラ専用交換レンズ「smc PENTAX-DA 15mmF4 ED AL Limited」を3月下旬より販売を開始すると発表した。価格はオープン、予想実売価格は6万円台前半の見込みだ。

 smc PENTAX-DA 15mmF4 ED AL Limitedは、同社製「リミテッドレンズ」シリーズの設計コンセプトを受け継いだ超広角撮影向けの交換レンズで、35ミリ換算で23ミリ相当の画角を得ることが可能だ。

 光学系にはハイブリッド非球面(AL)レンズと特殊低分散(ED)ガラスを各1枚採用。超広角レンズとしてはトップレベルの歪曲収差補正を備えるなど、高い描写性能を実現している。

 マウントはペンタックスKAF2マウントに対応。レンズ構成は6群8枚、絞り羽根枚数は7枚。最小絞りはF22。本体サイズは63(最大径)×39.5(奥行き)、重量は約212グラムだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう