ニュース
» 2009年03月11日 18時50分 UPDATE

VuzixのHMD「iWear AV920」がサイドバイサイド方式の3Dに対応

Vuzix CorporationのHMD「iWear AV920」がサイドバイサイド方式の3Dに対応した。

[ITmedia]
photo 「iWear AV920」

 Vuzix Corporationは3月11日、同社のヘッドマウントディスプレイ(HMD)「iWear AV920」のサイドバイサイド方式の3D対応を発表をした。3月16日出荷分から対応製品を出荷するほか、ファームウェアアップデートによって販売済み分も対応できる。

 従来よりインターレース方式の3D表示「iWear 3D」へは対応していたが、新たにサイドバイサイド方式の3D映像に対応することで、専用以外の3Dコンテンツも再生可能となった。

 iWear AV920の解像度は640×480ピクセルで、装着することで2.7メートル先に62V型相当の画面を体感できる。リチウムイオン充電池で約5時間の利用が可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう