ニュース
» 2009年03月24日 16時46分 UPDATE

パイオニア、プラズマテレビの生産を終了

パイオニアは3月24日、プラズマテレビの生産を終了すると発表した。

[ITmedia]

 パイオニアは3月24日、プラズマテレビの生産を終了すると発表した。2009年4月1日以降、現行4機種(KRP-500A/600A、KRP-500M/600M)を計3000台生産し、国内向けプラズマテレビの生産を終了する。

photo パイオニア「KURO」シリーズの“テレビ”モデル「KRP-600A」

 同社は1997年12月に世界初となる民生用の50型ハイビジョンプラズマテレビを発売。これまでに国内で累計約30万台を販売したが、収益性の悪化などにより、昨年3月にPDP自社生産からの撤退を、また今年2月にはディスプレイ事業からの完全撤退を正式に発表している。

 なお、プラズマテレビのアフターサービスについては、「補修用性能部品の保有期間は機種ごとに生産終了時点から約8年間となっているが、保有期間が経過しても部品在庫がある場合は修理対応する」としている。

関連キーワード

KURO | パイオニア | プラズマ | 撤退 | 生産終了 | 高画質


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう