ニュース
» 2009年03月25日 13時48分 UPDATE

7.1チャンネルで6万円:ヤマハ、価格を抑えたHDオーディオ対応AVアンプ「AX-V565」

ヤマハは、AVアンプの新製品「AX-V565」を4月下旬に発売する。2月にリリースした「AX-V465」の兄貴分となるハイコストパフォーマンスモデルだ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ヤマハは3月25日、AVアンプの新製品「AX-V565」を発表した。2月にリリースした「AX-V465」の兄貴分。7チャンネルのアンプを搭載しながら、価格は6万1950円に抑えた。ブラックとゴールドの2色を4月下旬に発売する。

photophoto 「AX-V565」のボディーデザインはAX-V465と共通だ。フロントパネルにはFL管を使用したディスプレイを搭載。従来機よりも文字サイズを47%も大きくして視認性を高めた。各入力ソースは、ユーザーが自由にリネーム(9文字まで)できる

 AX-V465との違いは、まず7チャンネルのアンプを搭載したこと(AX-V465は5チャンネル)。1チャンネルあたりの出力は最大115ワット(定格90ワット)とAX-V465よりも少し低くなっているが、7.1チャンネルのHDオーディオを収録したBlu-ray Discもフルに再生できる。また、サラウンドバック用の2チャンネルは、フロントスピーカーのバイアンプ駆動に使用することも可能だ。

 さらに、AX-V465にはないアップコンバーター、およびオンスクリーンメニューを搭載。アンカーベイ・テクノロジー製のビデオスケーラーを採用し、DVDソフトなどの480i/480p映像を1080pで出力できる。なお、ヤマハではビデオスケーラーの詳細を公表していないが、試用機の天板を開けてみると「ABT1012」という型番が確認できた。昨年の「DSP-AX863」に採用された「ABT1080」よりも新しい世代のチップだ。

photophoto ビデオスケーラーはアンカーベイ・テクノロジーの「ABT1012」

 リアパネルは、サラウンドバック用のスピーカー端子が増えただけでAX-V465と共通。映像入力と音声入力を「AV1」などのようにまとめた分かりやすい“テレビスタイル”表記を採用している。HDMI入力は4系統で、x.v.ColorやDeep Colorはもちろん、各社のHDMIリンク機能をサポート。東芝、ソニー、パナソニック、三菱電機、シャープ、日立製作所のテレビと組み合わせた場合、テレビ側のリモコン操作でアンプの電源オン/オフや音量調節、入力切り替えなどが行える。HDMIのスタンバイスルーにも対応した。

photo リアパネル

 もちろん、初期導入時に音場を自動設定できるYPAO(Yamaha Parametric Room Acoustic Optimizer)を採用。そのほか、フロント2チャンネルだけで擬似的にサラウンド音場を楽しめる「バーチャルシネマDSP」、よく使う映像ソースや音場プログラムをワンタッチで選択できる「SCENE」ボタンなども搭載している。主な仕様は下表の通り。

型番 AX-V565 AX-V465(発表済み)
定格出力 90ワット×7 105ワット×5
最大出力 115ワット×7 140ワット×5
HDMIアップスケーリング 1080P対応
オンスクリーンディスプレイ
入力端子 HDMI×4、コンポーネント×2、D4×2、コンポジット×5、アナログ音声×5、光デジタル×2、同軸デジタル×2
出力端子 HDMI×1、コンポーネント×1、D4×1、コンポジット×1
外形寸法 435(幅)×364(奥行き)×152(高さ)ミリ
重量 8.5キログラム 8.4キログラム
ボディーカラー ブラック、ゴールド ブラック
価格 6万1950円 4万9350円
発売日 4月下旬 3月下旬

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう