ニュース
» 2009年04月03日 20時12分 UPDATE

“エコ”は付加価値ではなく基本性能――AQUOS AE6シリーズ

低消費電力のテレビといえば、従来は32V型以下が中心。しかしシャープは、大画面/高付加価値の製品にまで拡大する方針だ。新製品“AQUOS”AE6シリーズの説明会で話を聞いた。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 シャープが4月10日に発売する“AQUOS”のAE6シリーズは、40V型〜52V型という大画面のエコモデルだ。電源回路の効率化や高効率バックライトの開発などにより、「業界No.1」(同社)の省エネ性能を実現した。商品企画を担当したシャープAVシステム事業本部液晶デジタルシステム第1事業部の井出岡完治副参事に話を聞いた。

photophoto “AQUOS”のAE6シリーズ(左)と同社AVシステム事業本部液晶デジタルシステム第1事業部の井出岡完治副参事(右)
型番 LC-52AE6 LC-46AE6 LC-40AE6
画面解像度 1920×1080ピクセル
倍速駆動
ダイナミックコントラスト 1万5000:1
消費電力 約185ワット 約150ワット 約120ワット
年間消費電力量 176kWh/年 145kWh/年 120kWh/年
本体サイズ 124.9(幅)×31.6(奥行き)×84.1(高さ)ミリ 111.3(幅)×29.7(奥行き)×76.6(高さ)ミリ LC-40AE6が98.2(幅)×29.7(奥行き)×69.5(高さ)ミリ
実売予想価格(※) 39万円前後 29万円前後 20万円前後
発売日 5月15日 4月10日
※価格はオープンプライス
photophoto もちろんデザインはインダストリアルデザイナーの喜多俊之氏が担当。新たに左右20度のスイーベルが可能になった
photophoto 背面のインタフェース類は各モデル共通。HDMI×3(うち1つは側面)、D4映像×2、S2映像×1、コンポジット×3、アナログRGBなどを備えている。52V型だけはGシリーズと同じシルバー/ブラックツートンカラーのリモコンが付属する。ほかの2モデルは従来通りのシルバーで、基本機能は変わらない

 AE6シリーズは、EX5シリーズの後継にあたるAQUOSのスタンダードモデル。基本性能重視のベーシックな造りで、デジタルチューナーはシングル構成。録画やネットワーク対応といった付加機能は搭載していない。ただし今回は、新たに“省エネ”という要素をくわえた。

 「バックパネル自体は従来と同じだが、インバーダー回路など制御系に手を加えている。また新しい光学シートや電源回路の最適化など、相乗効果を出しながら省エネ性を高めた」(井出岡氏)。バックライトの本数などは公表していないが、従来よりも「若干減らしている」という。

 その結果、定格消費電力は従来機の「LC-46EX5」「LC-52EX5」と比較して4割前後の削減(40V型は新サイズのため従来機はない)。年間消費電力量では、52V型が175kWh/年(従来機比で29.4%減)、46V型も145kWh/年(同じく32.6%減)となった。一方、同社初の40V型は定格120ワット。ワットメーターの数字を見る限り、一般的な使い方なら100ワット前後で推移するようだ。

photophoto 省エネ性能(左)。40V型の消費電力をワットメーターで計測中。一般的なシーンなら100ワット前後のようだ。部屋を暗くすると明るさセンサーが働き、の消費電力は50ワット前後まで下がる。このとき52V型は86ワット前後だった(右)
photophoto 節電機能の概要(左)。向かって左側の丸い部分が明るさセンサー。その横は赤外線受光部だ(右)

 このほか、室内の明るさや映像に応じてバックライトの輝度を調整し、電力消費をおさえる「明るさセンサー」を搭載。放送終了時や一定時間操作しなかった場合に自動的に電源を切る「無信号電源オフ/無操作電源オフ」、画面を表示させずに音声や音楽だけを楽しむ「映像オフ」などいった、節電に関する機能を搭載している。

 「省エネは、AQUOSの付加価値ではなく、基本機能という考え方。今後はハイグレードゾーンでも省エネ性能を高め、“AQUOS=省エネナンバー1”にしたい」(井出岡氏)。

関連キーワード

AQUOS | 省エネ | シャープ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.