ニュース
» 2009年04月20日 11時27分 UPDATE

鼻につく存在感:キモかわいい「FACEBANK」が“2”になった

独特のデザインとリアルな動きで人気を博したバンプレストの貯金箱「FACEBANK」が“2”になった。“キモかわいさ”のうち、“キモ”の部分をより際だたせてしまったらしい。

[ITmedia]

 独特のデザインとリアルな動きで人気を博したバンプレストの貯金箱「FACEBANK」が“2”になった。FACEBANKは、モダンアート作家の高田栄一氏がデザインした“人の顔”型貯金箱。コインを持った手が近づくと自動的に口を開閉し、ぱくぱくとリアルな動きでコインを食べる。“キモかわいさ”で人気を集め、これまでに13種類を販売、累計販売数は50万個を超えたという。

 新製品の「FACEBANK2」は、「“キモかわいさ”のうち、“キモ”の部分をより際だたせた」(バンプレスト)というもの。造形はリアリティーを増しつつ、鼻と口のみというシンプルな顔で、見る人にインパクトを与えずにはおかない。

photophoto “キモかわいさ”のうち、“キモ”の部分をより際だたせたという。つまり、単にキモ……(自主規制)(C)TAKADA

 ラインアップは、“赤ら顔”風のライトピンクと“青ざめた表情”っぽいライトブルーの2色。サイズはいずれも97(幅)×97(奥行き)×97(高さ)ミリで、電源には単四形アルカリ乾電池4本を使用する。500円玉で約20枚を貯金できる。価格は各2310円。

 対象年齢は15歳以上。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.