ニュース
» 2009年05月07日 19時13分 UPDATE

人を等身大で映し出すフィルム型ディスプレイ、篠田プラズマが発表

篠田プラズマは、独自のPTA(Plasma Tube Array)技術を用いた145型の大画面フィルム型ディスプレイを公開した。画面の高さは2メートルで、人を等身大で表示することも可能だ。

[ITmedia]
photo 145型の「SHIPLA(シプラ)」

 篠田プラズマは5月7日、独自技術のPTA(Plasma Tube Array)を用いた145型の大画面フィルム型ディスプレイを公開した。画面の高さは2メートルとなり、人を等身大で表示することも可能だ。交通広告や商業施設向けデジタルサイネージとして製品化を目指す。

 同社の「SHIPLA(シプラ)」は、直径1ミリのガラス管を並べたプラズマチューブアレイ(PTA)にフィルム状の電極を組み合わせた超薄型表示装置。発光原理は従来のプラズマパネルと同じだが超薄型・軽量で大画面化しやすく、曲面や円筒形の壁面にも設置できるフレキシブルさを併せ持つ。また発光効率が高く、従来の大型サイネージなどに比べると消費電力を大きく引き下げられる点も特徴だ。

 同社は昨年10月の「FPD International 2008」で125型の試作機(3メートル×1メートル)を展示したが、今回はさらに大きな3メートル×2メートルの145型を「製品化にめどがたった」(同社)として公開した。1メートル×1メートルのモジュール6面をつないだ形で、画素数は960×720ピクセル。消費電力は従来の大型ディスプレイの半分程度となる平均800ワット(最大1200ワット)。

photophoto 「FPD International 2008」の展示。右はプラズマチューブアレイ(PTA)にフィルム状の電極を組み合わせた表示パネル

 また同時に、新たにワイエイシイと伊藤忠商事から、それぞれ5000万円の出資を受けることも明らかにした。ワイエイシイは製造ラインの自動化に関する製造面で、また伊藤忠商事は販売面のパートナーシップを結ぶという。「強力なパートナーシップにより、製品化、販売ともに大きく加速される」(同社)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう