ニュース
» 2009年05月18日 14時00分 UPDATE

手ブレ補正内蔵デジ一眼で“世界最軽量”「α230」

ソニーから「α200」の後継「α230」が登場。ボディの小型軽量を進め、“ボディ内手ブレ補正機能のデジタル一眼レフカメラとしては世界最軽量”だ

[ITmedia]

 ソニーは5月18日、デジタル一眼レフカメラ「α230」(DSLR-A230)を6月25日より販売開始すると発表した。価格はオープン。ボディのみの実売想定価格は5万5000円前後。「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM」を組み合わせたレンズキット(DSLR-A230L)の実売想定価格は5万5000円前後、「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM」と「DT 55-200mm F4-5.6 SAM」を組み合わせたダブルズームレンズキット(DSLR-A230Y)の実売想定価格は7万5000円前後。

photophoto 「α230」(DSLR-A230)

 2008年2月に発表された「α200」の後継となるエントリー向けデジタル一眼レフカメラ。APS-Cサイズの有効1020万画素CCDや、シャッタースピード約2.5〜3.5段分の効果を持つボディ内手ブレ補正機能など、主な機能は変更されていないが、ボディの小型軽量化が大幅に進められた。サイズは128(幅)×97(高さ)×67.5(奥行き)ミリ、450グラム(本体のみ)で、「ボディ内に手ブレ補正機能を搭載したデジタル一眼レフカメラとしては最軽量」(同社)となった。

photophotophoto

 ユーザーインタフェースは同時発表の兄弟機α380/α330と同等に改良されており、撮影時には従来通りの「標準」と絞りやシャッタースピードなどの関係を視覚的に理解できる「グラフィック」を切り替えられるほか、「標準」ではモードダイヤルをAUTO/SCNにあわせた際には設定可能な項目のみが表示されるなど、使い勝手に配慮がなされている。

 ヘルプ機能も内蔵しており、モードダイヤルを回すとどのようなシーンに適した撮影モードなのかを紹介してくれるほか、フォーカスエリア設定や測光モードなど利用頻度の高い機能をワンプッシュで呼び出す「Fn」ボタンでは選択した項目に関しての説明が表示される。背面液晶は2.7型(約23万画素)。背面のボタン配列についてもα380/330と同じく、主要なボタンを右側にまとめて配置することで操作性を向上させている。

製品名 α230
対応レンズ ソニー製αレンズ
撮像素子 APS-Cサイズ(23.6×15.8ミリ)、有効1020万画素、原色フィルター
ISO感度 100〜3200、1段ステップ
記録画素数 3872×2176/2896×1632/1920×1080(16:9)、3872×2592/2896×1936/1920×1280(3:2)
記録方式 JPEG、RAW、RAW+JPEG
画質モード スタンダード、ファイン
AF方式 TTL位相差検出方式
測距点数 9点
AFモード シングルAF、AF制御自動切り替え、コンティニュアスAF
露出モード プログラムAE、絞り優先、シャッター速度優先、マニュアル
シーンセレクション ポートレート、風景、マクロ、スポーツ、夕景、夜景/夜景ポートレート
測光方式 TTL開放測光(多分割測光/中央重点平均測光/スポット測光)
シャッタースピード 1/4000〜30秒、バルブ
ホワイトバランス オート、プリセット(太陽光、日陰、曇天、白熱灯、蛍光灯、フラッシュ)、色温度、カスタム
手ブレ補正機能 ボディ内蔵イメージセンサーシフト方式、シャッタースピード約2.5〜3.5段相当(撮影条件、レンズによって異なる)
連続撮影 約2.5コマ/秒
連続撮影可能枚数 JPEG(Lサイズ/ファイン):枚数制限なし、RAW:6枚、JPEG+RAW:3枚(撮影条件により異なる)
記録メディア メモリースティック PRO デュオ/PRO-HG デュオ/PRO-HG デュオ HX、SDメモリーカード
電源 バッテリーパック NP-FH50
サイズ 128(幅)×97(高さ)×67.5(奥行き)ミリ、約450グラム(本体のみ)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.