ニュース
» 2009年05月18日 15時13分 UPDATE

イッツコム、VODサービスを年内開始

イッツ・コミュニケーションズは、J:COMのプラットフォームを採用したVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスを年内にも開始する。

[ITmedia]
photo 録画機能付きSTB「TZ-DCH8000」

 東京都と神奈川県でCATVサービスを提供しているイッツ・コミュニケーションズは5月18日、VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスを年内にも開始すると発表した。J:COMのプラットフォームを採用する。

 対象ユーザーは、同社のデジタル放送サービス加入者のうち、録画機能付きのセットトップボックス「HitPot」(TZ-DCH2000/TZ-DCH8000など)を利用しているユーザー。月額基本料などは無料で、映画やドラマ、アニメなどを1タイトルあたり512円程度(無料コンテンツあり)で視聴できる。専門チャンネルの一部番組を無料で視聴できる「チャンネルオンデマンド」やNHKが提供する「NHKオンデマンド」にも対応する。

 プラットフォームを提供するJ:COMは、商用VoDサービス「J:COM オン デマンド」を2005年にスタート。現在では約130万世帯が視聴可能で、コンテンツ数は約1万9000タイトルを数える(2009年3月現在)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう