ニュース
» 2009年05月18日 20時07分 UPDATE

ソニー、100グラム以下でバウンス可能な小型フラッシュ

ソニーがα用オプションとして胸ポケットにも入る小型軽量フラッシュを発売。バウンス撮影も楽しめる。

[ITmedia]
photo 「HVL-F20AM」

 ソニーは5月18日、小型軽量な外付けフラッシュ「HVL-F20AM」を7月に販売開始すると発表した。価格は1万3650円。

 62(幅)×94.6(高さ)×24(奥行き)ミリ/約98グラムと胸ポケットに収まるほどの小型軽量ながら、ガイドナンバー20の光量を持つ小型ストロボ。調光はαシリーズのADI調光とP-TTL調光に対応する。

 下部のジョイントが電源と連動しており、起こすと電源ON/寝かせると電源OFFとなる。側面スイッチをスライドさせることで、発光部が上面をむき、バウンス撮影も楽しめる。照射角の調整も可能で、スタンダードポジションが27ミリ相当/テレポジションで50ミリ(いずれも35ミリ換算)。

photophotophoto

 電源は単四形乾電池2本で、発光回数はアルカリ電池使用時で約90回、Ni-MH電池使用時で約150回。ホワイトバランス自動補正機能や赤目軽減機能、α900と組み合わせた際に限るがワイヤレスコントロールにも対応する。

関連キーワード

α | ソニー | 乾電池 | 赤目軽減


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう