ニュース
» 2009年05月22日 11時24分 UPDATE

オーディオテクニカ、“低域表現を追求”したインナーイヤフォン「ATH-CKS70」

オーディオテクニカは、奥行きのある低音再生を実現した「ソリッドベースシステム」採用のインナーイヤフォン計2モデルを発表した。

[ITmedia]

 オーディオテクニカは5月22日、奥行きのある低音再生を実現するという「ソリッドベースシステム」採用のインナーイヤフォン「ATH-CKS70」「ATH-CKS50 BK/WH」の2モデルを発表した。6月19日より販売を開始する。価格はATH-CKS70が8925円、ATH-CKS50 BK/WHが5040円(双方税込み/以下同様)。

photophoto ATH-CKS70(左)、ATH-CKS50 WH(右)

 2製品が採用するソリッドベースシステムは、空気室を2つ設けることで奥行きのある低域を表現するというもの。また、イヤーピース装着時の奥行きを好みで2段階の位置に変更できる「2ポジションポスト」機構も備えている。再生周波数帯域は5〜2万4000Hz。音圧レベルはATH-CKS70が106デシベル、ATH-CKS50 BK/WHが104デシベルだ。


photo ATH-CK300NS

 またオーディオテクニカは、屋外利用向きのネックストラップ型ボリュームコントローラー付きのインナーイヤフォン「ATH-CK300NS BK/RD/WH」を発表、6月19日より発売する。価格は3675円。

 首下部に、ボリューム調整を手軽に行えるボリュームコントローラーを搭載したインナーイヤフォン。ボリュームコントローラーには着脱式ストラップを装備しており、デジタルオーディオプレーヤーなどを装着することが可能だ(ケース含め150グラム以内)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう