ニュース
» 2009年05月26日 14時00分 UPDATE

ソニー、「合体分離」可能なウェアラブルウォークマン

ソニーがネックバンド型のウォークマン「NWD-W202」を発表。35グラムと軽量で、ドラッグ&ドロップでの転送にも対応する。

[ITmedia]

 ソニーは5月26日、ウォークマンの新製品「NWD-W202」を6月13日より販売開始すると発表した。メモリ容量は2Gバイトで、実売想定価格は1万円前後。

photophoto 「NW-W202」(ブラック)

 ネックバンドを備え、耳に直接装着する新タイプのウォークマン。本体には磁石を備えており、未使用時には左右ユニットをひとまとめにしておくことができる。35グラムと軽量で、文字通り身につけるようにして利用できるため、ジョギングなどの際にも適するが、防水・防滴加工は施されていない。

photophotophoto 装着時(写真=左)、中央には磁石(写真=中)、右ユニットにはジョグダイヤルなど操作ボタン(写真=右)

 ディスプレイは搭載しないが、曲の一部分だけを連続再生させる「ZAPPIN」(ザッピン)を備える。これは12音解析することで判別したその曲のサビの部分を15秒間、あるいは4秒間流すことで、「サビだけを聞き流す」「サビで選曲する」といった利用が可能だ。12音解析が行われていない場合は、開始45秒後の場所から15秒ないし4秒間が再生される。

 再生/停止など基本操作は右耳側のユニットに設けられたジョグダイヤルで行う。ユニットと一体化しているイヤフォンは13.5ミリ径ドライバの“EX ヘッドフォン”だ。内蔵充電池では約12時間の再生が行えるほか、3分充電で90分再生というクイックチャージも行える。

photo

 付属ソフト「SonicStageV」を利用するほか、ドラッグ&ドロップでの楽曲転送に対応する。「MUSIC」フォルダ下の8階層までを認識するが、プレイリストには非対応で、同一階層/フォルダ内では名前順での再生になる。再生可能なファイル形式はMP3/WMA/ATRAC3/リニアPCM/AACで、DRM処理された楽曲ファイルの再生は行えない。

 カラーはブラック、ホワイト、ピンク、ライムグリーンの4色。パッケージには、PC接続時などで便利に使えるスタンドと携帯用ホルダーが付属する(※初出時、ジョグダイヤル設置場所について記述が誤っておりましたので、生成させていただきました)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.