連載
» 2009年06月08日 01時20分 UPDATE

本山由樹子の新作劇場:息子が行方不明、戻ってきたら赤の他人だった!――「チェンジリング」

アンジェリーナ・ジョリーが信念を貫くシングルマザーを熱演。イーストウッドの骨太かつ精巧な筆致が光る傑作サスペンス・ドラマがBlu-ray Disc化。

[本山由樹子,ITmedia]

チェンジリング(Blu-ray Disc)

photo

 アンジェリーナ・ジョリー主演のサスペンス・ドラマ「チェンジリング」が7月17日にBlu-ray Disc化。特典はキャストやスタッフが語る製作秘話、アンジェリーナ・ジョリー:クリスティン役へのアプローチ、マイ・シーンズのほか、「U-CONTROL」メニューを備え、Los Angeles:Then and Nowやピクチャー・イン・ピクチャー、Archivesなどのコンテンツも収録する。

 1928年のロサンゼルス郊外。9歳のひとり息子ウォルターを育てながら電話会社で働くシングルマザーのクリスティン・コリンズ。ある日、休暇を返上してウォルターを家に残したまま出勤するハメに。

 そして夕方。彼女が急いで帰宅すると、ウォルターは姿を消していた。誘拐か家出かもわからず、必死で行方を探すクリスティン。それから5カ月後、ロサンゼルス警察から「イリノイ州で息子さんを発見した」との知らせが届く。ロス市警の過度な演出によって報道陣がつめかける中、我が子を駅に迎えに行くクリスティン。しかし、彼女の前に現れた息子は、まったくの別人だった……。

 これほど理不尽な事件が実話だとは驚き。実の母親が「自分の息子じゃない」と主張しているのに、警察の圧力によって事実がゆがめられ、さらに精神病院に強制入院させられてしまうのだから、当時の警察の腐敗ぶりと横暴ぶりにはあきれるばかり。

 私生活でも子沢山で母性が強そうなアンジェリーナ・ジョリーだが、不屈のシングルマザーを熱演し、まさに当り役といえる。「ウォンテッド」あたりから激ヤセぶりが気になっていたが、今回は真に迫って見える。アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞の主演女優賞にノミネートされた。

 監督はクリント・イーストウッド。本作といい、主演を兼ねた「グラン・トリノ」といい、近年のイーストウッドの仕事ぶりは老いてますます絶好調のように思える。わずかな希望にかける母親の思いの強さと希望をメインに、ミステリアスな展開でグイグイとラストまで引っ張り、その先にはアメリカ社会の闇も見え隠れする。映画としての完成度に圧倒される傑作。劇場で見逃した人はBDでぜひ見てほしい。

関連サイト:http://www.changeling.jp/(公式サイト)

この作品を購入したい→amazon.co.jp

チェンジリング(Blu-ray Disc)
発売日 2009年7月17日
価格 4935円
発売元 ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
販売元 ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
スタッフ 監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド
出演 アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン
上映時間 142分(本編)
製作年度 2008年
画面サイズ シネマスコープサイズ・スクイーズ
ディスク仕様 片面2層
音声 (1)DTS- HDマスターオーディオ/5.1chサラウンド/英語 (2) DTS/5.1chサラウンド/日本語
特典 U-CONTROL/マイ・シーンズ/キャスト&スタッフが語る製作秘話/アンジェリーナ・ジョリー:クリスティン役へのアプローチ

関連キーワード

Blu-ray | 映画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう