ニュース
» 2009年06月09日 21時07分 UPDATE

全幅75センチの金属モデル、デアゴスティーニ「週刊 零戦をつくる」

デアゴスティーニ・ジャパンは、「週刊 零戦をつくる」を8月25日に発売する。毎号付属のパーツを組み立てると、細部まで忠実に再現された「零戦二一型」の模型が完成する。

[ITmedia]
photo 「週刊 零戦をつくる」。創刊号は790円、2号目以降は1590円

 デアゴスティーニ・ジャパンは6月9日、毎号付属のパーツを組み立てると細部まで忠実に再現された「零戦二一型」の模型が完成するマガジン「週刊 零戦をつくる」を発表した。8月25日から全国の書店と同社サイトで販売する。

 模型は、今回のシリーズのために制作した1/16スケールのオリジナルモデル。アルミニウムやホワイトメタルなどの金属パーツを多用し、機体の骨組みからエンジン、機銃、コックピット内部に至るまで精巧に再現した。主脚やプロペラは可動式で、翼端などのライトが点灯する。あえて外板をはらずに仕上げれば、内部も鑑賞できるスケルトンモデルが完成するという。

 完成時の全長は約56センチ、全幅約75センチ。重量は約1.7キログラム。「1/16スケールの組み立て式、かつ金属製模型は模型市場では類がなく、最大級のサイズ」(デアゴスティーニ)。

photophotophoto 細部まで精巧に再現
photophotophoto スケルトン仕上げも可能

 マガジンでは、零戦の魅力を毎号掲載。その構造から各型式の違い、戦歴などを詳細に解説する。また、組み立てに必要なドライバーやピンバイスなどの工具も制作過程に合わせて随時付属する。

 価格は、創刊号が790円、2号目以降は1590円。刊行号数は、全100号を予定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう