特集
» 2009年06月19日 11時34分 UPDATE

3万円台で買える、「イチオシ」デジカメ(5):5倍ズームの万能選手 キヤノン「IXY DIGITAL 830 IS」

キヤノン「IXY DIGITAL 830 IS」はなめらかな曲線が特徴的な1台。5倍ズームレンズと「こだわりオート」モードで、さまざまな状況で活躍する万能性が光る。

[小山安博,ITmedia]

 キヤノン「IXY DIGITAL 830 IS」は、「スイマー」をコンセプトにしたというデザインが特徴的な1台。「3層プレミアムコート」を施したという表面には高級感があり、なめらかな曲線が組み合わされることで、独特の雰囲気を醸し出している。

photophoto 「IXY DIGITAL 830 IS」

 背面のボタンは三角形とユニークだが、ボディサイズぎりぎりまで大型化されており、押しやすい。さらに十字キー一体型のコントローラーホイールを採用することで、メニュー画面での項目選択も素早く行える。

 背面液晶には、3型/約46.1万画素と大型/高精細な「クリアライブ液晶II」が採用されている。表面には汚れを防止するフッ素コート、傷を防止するハードコートに加え、反射防止マルチコートを採用しているため、屋外でも見やすい。暗い室内や夜間撮影で被写体が見にくい場合に表示を明るくする「ナイトビュー」は、撮影状況の確認に役立つ機能だ。

photo デザイン的には曲線が多く取り入れられている。動画/通常撮影/オート撮影はスライドスイッチで切り替える

 カメラが自動的にシーンを判別して最適な撮影設定になる「こだわりオート」は、人物がいるか、青空を含むか、逆光か、といった状況を認識して18のシーンに分類。単にシーンモードを適用するのではなく、人の顔を検出してピントを合わせ、人の動きに合わせてシャッタースピードを上げ、青空を鮮やかにする、といった細かな設定を行ってくれるのが特徴だ。

 顔検出「フェイスキャッチテクノロジー」では、ピントや露出だけでなく、顔の色調や赤目も自動補正してくれる。また、目をつぶっている人物がいると撮影後にアイコン表示で警告してくれる「目つむり検出」も搭載する。

 そのほかにも、画面内に人数が増えるとピント/露出を合わせて自動的にシャッターを切る「顔セルフタイマー」、検出した顔を選択すると、自動的に追尾してピントを合わせる「顔セレクト」など、人物撮影に便利な機能を搭載する。対象が人ではなくとも、シャッターボタン半押し状態でAFが被写体を追尾する「サーボAF」も備えている。

photo 三角形のボタンとコントローラーホイールが特徴的

 レンズは光学5倍ズームでシャッタースピード換算で約4段分の光学式手ブレ補正を搭載する。焦点距離は37〜185ミリ(35ミリ換算)で、最近のコンパクトデジカメの中ではテレ端寄りな部類に入る。720pのハイビジョン動画撮影機能も搭載(映像はH.264、音声はリニアPCM。ファイル形式は.MOV)。HDMI端子も備えており、テレビと直接接続することで撮影した静止画/動画を楽しめる。

 撮影で面白い機能としては、シャッターが開いている間にズームすることで、背景だけを流すように撮影する「露光間ズーム」や、イルミネーションやビルの窓明かりなどの点光源をハートや星、音符など6パターンから選んで変えられる「ファンタジーナイトモード」を搭載する。特にファンタジーナイトモードは(実用性はともかくとして)かなり独特な機能だ。

 再生機能では、カメラの角度を変えたり振ったりすると画像送りをする「アクティブ再生」が面白い。また、動画撮影時に縦持ちで撮影しても、再生時に横向きに回転して再生してくれる機能は意外に便利だ。

 三角形のボタンや曲線が主体の独特のボディデザインは、多少好みが分かれそうではあるが、同社製品らしくオートホワイトバランスは安定しているほか、5倍ズームの搭載もあり、さまざまなシチュエーションで利用できる万能性が光る。液晶も見やすく、幅広く勧められる製品だ。

キヤノン「IXY DIGITAL 830 IS」主要スペック

製品名 IXY DIGITAL 830 IS
撮像素子 1/2.3型 有効1210万画素 CCD
レンズ 光学5倍(35ミリ換算 37〜185ミリ)
手ブレ補正機能 光学式
背面液晶 3型 約46万画素
記録メディア SDメモリーカード(SDHC対応)
動画 最大1280×720ピクセル H.264/リニアPCM .MOV形式
撮影可能枚数 約270枚(CIPA規格)
サイズ 94.8(幅)×56.8(高さ)×26.3(奥行き)ミリ、約160グラム(本体のみ)
photophoto
photophoto

モデル:工藤杏(くどうあん)

kudoh_prof.jpg

テレビ・映画を中心に活動。出演映画「銀の鈴」も公開中。

本人の公式ブログはこちら


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう