ニュース
» 2009年07月09日 12時55分 UPDATE

日立マクセル、iV対応のデジタル3波チューナー搭載レコーダー「VDR-R1000」

日立マクセルは、リムーバブルHDD「iV」への録画が可能な「iVレコーダー」を発表。3波対応のデジタルチューナーを内蔵する。

[ITmedia]
photo VDR-R1000

 日立マクセルは7月9日、リムーバブルHDD「iV」への録画が可能な「iVレコーダー」(型番:VDR-R1000)を発表、8月5日より販売を開始する。価格はオープン。

 iVレコーダーは、HD/SD画質での録画に対応するHDDレコーダーで、カートリッジ型のリムーバブルHDD「iV」への録画を行うことが可能だ。チューナーとして地上デジタル(CATVパススルー対応)/BSデジタル/110度CSデジタル対応の3波デジタルチューナーを搭載、出力インタフェースはHDMIのほかコンポジットビデオ出力も搭載している。

 本体サイズは230(幅)×170(奥行き)×41(高さ)ミリ、重量約800グラムのコンパクト筐体を採用した。また「アクトビラ」対応の有線LANポートも装備しており、アクトビラ非対応TVでも専用コンテンツを楽しむことが可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう