ニュース
» 2009年07月10日 13時40分 UPDATE

S.W.A.T.仕様:車両からヘリが飛びたつ新世代「ハニービー」

シー・シー・ピーは、ヘリコプターとキャリアー(輸送車両)を1台のコントローラーで操作できる「ハニービー 3ch ミッションキャリアー S.W.A.T.」を発表した。

[ITmedia]

 重厚なS.W.A.T仕様のキャリアーが到着し、緊急出動音が鳴り響く。ライトの点滅とともにルーフ部がオープンすると、デッキが上昇してヘリコプターが飛び立つ。そんなストーリー性のある遊び方ができる新機軸の「HoneyBee」(ハニービー)が登場した。

photo ワンダバ感あふれるヘリ発進のイメージ。「ハニービー 3ch ミッションキャリアー S.W.A.T.」

 シー・シー・ピーは7月9日、ヘリコプターとキャリアー(輸送車両)を1台のコントローラーで操作できる「ハニービー 3ch ミッションキャリアー S.W.A.T.」を発表した。7月下旬に発売する予定だ。価格は8379円。

 キャリアーは、前後進、左折、右折、ストップのフルアクション。一方のヘリコプターは、3チャンネル操作に対応しており、上昇下降・左右回転・ホバリング・前進が可能だ。もちろん両方を同時に動かせるわけではなく、コントローラーの電源スイッチで操作対象を切り替える仕組みになっている。

photo コントローラー。電源スイッチで操作対象を切り替える。赤外線コントロールの操作距離は、屋内約5メートル

 「1960年代の特撮番組などを知る中高年世代には、あのころのワクワク感を、30〜40代のお父さんや子どもたちには新鮮な驚きを感じられるバリューセット。親子2世代、あるいは3世代で一緒に楽しんでほしい」(同社)。

 電源は、ヘリコプターが内蔵のリチウムイオンポリマー充電池。キャリアーは単三形乾電池4本、コントローラーは単三形乾電池6本を使用する。連続動作時間は、ヘリが約5分、キャリアーは約30分。対象年齢は15歳以上。

 シー・シー・ピーでは7月16日に東京ビッグサイトで開幕する「東京おもちゃショー」でハニービー 3ch ミッションキャリアー S.W.A.T.の一般公開を予定している。

photo セット内容

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう