ニュース
» 2009年07月17日 11時16分 UPDATE

東京おもちゃショー2009:ペラペラの辻ちゃんも登場、「おもちゃショー2009」

東京・有明の東京ビッグサイトで、「東京おもちゃショー2009」が開幕した。ビジネスデーは、招待客やプレスに新商品を紹介するイベントが各メーカーのブースで行われ、芸能人も多数参戦。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 東京・有明の東京ビッグサイトで7月16日、「東京おもちゃショー2009」が開幕した。今年はビッグサイトの西展示棟すべてを使い、海外22社を含む計132社の玩具メーカーが出展。展示される商品は3万6000点におよぶ国内最大級の玩具商談展示会だ。週末にあたる後半(18日と19日)には一般公開が行われ、およそ14万人の来場が見込まれている。

photophoto バンダイブースでは、「Myドラえもん」や「ペラモデル」の紹介イベントが行われ、元モーニング娘。の辻希美さんが登場

 ビジネスデーとなる16日は、招待客やプレスに新商品を紹介するイベントが各メーカーのブースで行われた。例えばバンダイでは、自分の顔をしたペラペラのプラモデル「ペラモデル」の紹介に元モーニング娘で現在はカリスマ主婦として活躍中の辻希美さんが登場。ステージ上で全身写真を撮影し、PCを使ってペラモデルを作成してみせた。

photophoto 「ペラモデル」の作成風景。製作用のソフトは無償ダウンロード可能。PCとプリンタがあれば、“自分のプラモデル”ができる

 トレードマークである“頭のお団子”まで再現した特製ペラモデルが完成し、辻さんもご満悦。「家族のぶんも作って、大阪の両親に送りたいです」と語った。なお、ペラモデルは7月18日発売の通常版にくわえ、9月には子どもサイズの「キッズモデル」(500円)と女性用の「スカートモデル」(500円)が追加されるため、秋には辻さんの希望もかなうはずだ。

 タカラトミーブースのステージでは、ほのぼの系インテリアトイ「のほほん族」と、元気が出る歌でおなじみのアーティスト・岡本真夜さんが共演。岡本さんの初のセルフカバーアルバム「Crystal Scenery II」(発売元:日本クラウン)に、のほほん族のイメージ楽曲「つむぎうた〜ココロのゆりかごVersion〜」が収録されることを記念したコラボレーション企画だ。ステージでは、デビュー曲「TOMORROW」を含む3曲を熱唱した。

photophoto 岡本真夜さんと「のほほん族」がコラボレーション

 7月9日には、新シリーズ「のほほん族 ココロのゆりかご」が発売されたばかり。ソーラーパワーでゆらゆら揺れる“のんびりした動き”はそのままに、サイズを従来の約3/4となる約7センチとしたことで、より幅広い場所に置けるようになった。6種類のカラーバリエーションをそろえ、価格は各1260円。

photo 心癒されるコラボレーションが実現

 タカラトミーアーツのステージでは、お笑い芸人の島田秀平さんが登壇。自ら監修を務めたペンライト型手相占いグッズ「島田秀平のテノヒライト」を紹介した。

photophoto “原宿の母”に弟子入りし、“代々木の甥”という名で手相占い師としても活躍している島田さん

 テノヒライトは、中にオリジナル手相フィルムを組み込んだライト。スイッチを入れて自分の手に光を当てれば、「モテ線」「エロ線」「玉の輿線」などが場所が文字入りで投影される。つまり、自分の手相にその線があるかどうか、すぐに分かるという。価格は924円で、10月に発売予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.