ニュース
» 2009年07月22日 17時53分 UPDATE

東京おもちゃショー2009:マウスやハブが大胆にトランスフォーム! 「デバイスレーベル」

タカラトミーと東芝は、映画「トランスフォーマー」の世界をモチーフにしたPC周辺機器シリーズ「デバイスレーベル」を共同で立ち上げる。

[ITmedia]

 タカラトミーと東芝は、映画「トランスフォーマー」の世界をモチーフにしたPC周辺機器シリーズ「デバイスレーベル」を共同で立ち上げる。マウスやUSBハブ、USBメモリーなど、実際に使用できる周辺機器たちが大胆にトランスフォーム。9月中旬に発売する。

photophoto 「東京おもちゃショー2009」のタカラトミーブースに展示されたデバイスレーベル。左はUSBハブとマウス。右はUSBメモリー。とてもそうは見えないが、ちゃんと使える

 「Robot in disguise」(ロボットは身の回りに潜んでいる)という、トランスフォーマーのブランドコンセプトを忠実に再現したPC周辺機器。普段はマウスやUSBハブとして利用できるが、いざユーザーがその気になると、ロボットにトランスフォームする。もちろんロボット形状では利用しにくいため、そのうち元の姿に戻される。

photophotophoto USBメモリーは、ホワイトとブラックの2種類。容量はどちらも2Gバイト
photophotophoto ノートPCのような形状の4ポートUSBハブ。変形の過程を見てみたい
photophotophoto マウスも2つのカラバリを用意

 予価は、USBメモリーが各3990円、USBハブは6825円、マウスは各6300円。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう