ニュース
» 2009年08月19日 19時37分 UPDATE

大容量スピーカー:映像と音声を補正するテレビ、三菱“REAL”「MZW300シリーズ」発表

三菱電機は、液晶テレビ“REAL”のフラグシップ「MZW300シリーズ」を発表した。「映画館コンセプト」が進化。超解像技術や大容量スピーカーを採用するなど、映像と音質にこだわった。

[芹澤隆徳,ITmedia]
photo MZW300シリーズ

 三菱電機は8月19日、液晶テレビ“REAL”のフラグシップモデル「MZW300シリーズ」を発表した。40V型から52V型までの3サイズを10月21日に発売する。価格はオープンプライス。店頭では52V型の「LCD-52MZW300」が35万円前後、46V型の「LCD-46MZW300」は30万円前後、40V型の「LCD-40MZW300」が20万円前後になる見込みだ。

 MZWシリーズの「映画館コンセプト」が進化。光沢処理の10ビット液晶パネル「DIAMOND Panel」を継承したほか、薄型テレビのトレンドに逆行する「大容量スピーカーユニット」を搭載するなど音質にもこだわった。

 スピーカーのキャビネットにあたる部分は、52V型で5.9リットル、46V型で4.1リットルという大容量を確保。ネオジウムマグネットを使用した4センチツィーター2本(左右で4本)と7センチウーファー1本(左右で2本)により、明瞭(めいりょう)な中高域と豊かな低域を実現するという。

 「豊かな低域を出すにはスピーカーの容量が必要だ。今回は昨年のMZW200シリーズのおよそ10倍の容量を確保。ブラウン管から買い替えたとき、“音が寂しい”といったことがないようにした」(同社)。

photophoto 狭額フレームのスリムデザインながら、DIATONEスピーカーはそれなりの存在感がある

 さらに業界初の音声補間技術「DIATONE HD」と超解像技術「DIAMOND HD」で映像と音声をブラッシュアップ。DIATONE HDは、デジタル放送のデータ圧縮時などに欠落した音声の高域情報や位相情報などを予測し、「オリジナル音声の持つ立体感や奥行き感を再現する」というもの。一方のDIAMOND HDは、同時に発表されたBDレコーダー「DVR-BZ330」と基本的に同じ。ただし、各種パラメータをMZWシリーズの液晶パネルに最適化している。

photophoto 「LCD-46MZW300」による超解像技術「DIAMOND HD」のデモンストレーション。フルハイビジョンのビデオカメラで撮影した映像に超解像処理を適用して違いをアピールした

 本体は、薄型&スリムフレームのデザインで、前述のスピーカーユニットは液晶画面の下に独立したイメージ。リモコン操作でテレビ画面が左右30度ずつ動く「オートターン」も搭載している。

 そのほかの主な仕様は下表の通り。

photophoto 側面にもHDMI端子を装備
型番 LCD-52MZW300 LCD-46MZW300 LCD-40MZW300
画面サイズ 52V型 46V型 40V型
入力端子 HDMI×4(うち側面に1端子)、D4入力×2、D-Sub 15ピン、S端子/コンポジット×3、光デジタル音声出力など
外形寸法 1212×854×352ミリ 1067×766×342ミリ 931×69×342ミリ
重量 37.8キログラム 29.8キログラム 25.4キログラム
発売日 10月21日

関連キーワード

REAL | 三菱電機 | スピーカー | 液晶テレビ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう