ニュース
» 2009年08月26日 14時35分 UPDATE

ソニー、新デザイン&「CREAS 2」搭載のBDレコーダーを発表 (1/2)

ソニーは、BDレコーダーの2009年秋モデルとして5機種を9月から発売する。進化した高画質回路「CREAS 2」や新しいMPEG-4 AVCエンコーダーを全モデルに採用。2番組同時録画時にも「おまかせチャプター」が両方で使える。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ソニーは8月26日、BDレコーダーの2009年秋モデルとして、フラグシップモデルの「BDZ-EX200」を含む5機種を発表した。

 BDZ-EX200は、従来のXシリーズからデザインと設計思想を踏襲し、専用の高画質回路「CREAS 2 plus」を搭載するなど、画質と音質に注力したモデル。11月中旬に発売する(→アニメに強い「CREAS 2 plus」搭載、ソニーの新フラグシップ「BDZ-EX200」登場)。一方、ミドルレンジの製品として、従来のL/Aシリーズの後継となる「BDZ-RX50/RX100」、スタンダードモデルのTシリーズをリプレースする「BDZ-RX30」、シングルチューナーモデルの「BDZ-RS10」を9月に発売する予定だ。初心者にも分かりやすいメニュー画面「らくらくスタートメニュー」などを採用し、VHSデッキからの移行を促進するという。

photophoto 「BDZ-EX200」(左)と「BDZ-RX100」(右)
製品型番 HDD容量 実売想定価格 発売日
BDZ-EX200 2Tバイト 28万円前後 11月中旬
BDZ-RX100 1Tバイト 18万円前後 9月19日
BDZ-RX50 500Gバイト 15万円前後 9月19日
BDZ-RX30 320Gバイト 12万円前後 9月12日
BDZ-RS10 320Gバイト 10万円前後 9月12日

 RX/RSシリーズは、基本的に共通の新デザインを採用。凸凹の少ないシンプルさは従来と変わらないが、いずれもフロントパネルの中央にBDドライブを配置し、正面からドライブのトレーが見える“センターレイアウト”となった。またフロントパネルは上下で色が異なるツートンカラーのハーフパネル仕様で、モデルごとに色が異なる。例えば上位モデルのBDZ-RX100は高級感のあるブラックで、BDZ-RX50はガンメタリック。スタンダードモデルの2機種はシルバーといった具合だ。

 従来機に比べ、奥行きは約6ミリ、高さが約10ミリ削減した省スペース設計も特徴だ。外形寸法は、4機種共通。約430(幅)×327(奥行き)×69.8(厚さ)ミリとなっている。また、前面向かって右側にはカムコーダー連携や“おでかけ”に便利なワンタッチボタンを備えた。

photophoto 「BDZ-RX50」(左)とBDZ-RX30(右)。RX/RSシリーズは基本的に共通のデザインで前面下部の色が異なる

 機能面では、自動録画機能の「おまかせ・まる録」といった特徴をそのままに、進化した高画質回路「CREAS 2」や新しいMPEG-4 AVCエンコーダーを全モデルに採用。また上位モデルに「スカパー!HD録画」などの新機能を搭載している。さらにWチューナーモデルでは、2番組同時録画時に両方の録画ユニットで「おまかせチャプター」が使えるようになったほか、XMBの設定からデフォルトの録画先に「録画1」「録画2」を指定することができるなど、既存ユーザーから要望の多かった部分にも大きく手を加えた。

「CREAS 2」に8倍録画

 CREAS 2は、従来のCREASと同じチップを使いながら、ソフトウェアの変更によりいくつかの新機能を加えたもの。例えば、接続するモニターの種類によって、その特性に合わせたパラメータのプリセットを設けている。セットには「液晶テレビ(明るい部屋」「液晶テレビ(暗い部屋)」「有機ELテレビ」「プロジェクター」「プラズマテレビ」の5種類がある。

 また暗部の階調性を向上する「クリアブラック」も新しい。クリアブラックは、ガンマ特性を見直しつつ、画質マイスターによる色調整を加えており、「陰影に富んだシーンでは“つややかな黒”を演出する。CGアニメの金属感などをリアルに表現できる」といった効果がある。なお、設定は±10ステップで調整が可能だ。

 MPEG-4 AVCのエンコーダーも新しくなり、他社と同じようにフルHD解像度のまま最長“8倍録画”にまで対応した。平均ビットレートは3Mbpsとなるが、録画時のビットレートをシーンに割り当て、従来よりダイナミックに制御することで、より長時間の録画に対応したという。

 ユニークな新機能として、「ジャンル別エンコーディング」が挙げられる。こちらは電子番組表(EPG)の番組情報を参照し、スポーツやアニメといった番組ジャンルによって録画時の画質パラメーターを自動的に最適化するというもの。例えば、録画番組がスポーツ番組なら、動きの滑らかさを重視してブロックノイズの発生を防ぐ設定に、アニメでは輪郭部分に発生しやすいモスキートノイズを低減する設定に切り替わるという。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.