ニュース
» 2009年08月31日 15時00分 UPDATE

2層振動板採用のカナル型イヤフォン、パイオニアから

パイオニアが新開発の2層構造振動板を採用したカナル型イヤフォン「SE-CL40」「SE-CL35」を発売する。

[ITmedia]

 パイオニアは8月31日、新開発の振動板を搭載したカナル型イヤフォン「SE-CL40」「SE-CL35」を9月下旬より販売開始すると発表した。価格はアルミハウジングを採用したSE-CL40が6200円、樹脂製ハウジングを採用したSE-CL35が5000円。

photo 「SE-CL40」

 搭載する新開発の振動板は、「エンプラフィルム」「特殊制振ポリマー」の2層構造となっており、「不要な内部振動を抑制し、クリアで繊細な音を再生する」(同社)という。上位モデルのSE-CL40はハウジングをアルミと樹脂の複合素材としており、さらに不要振動を抑制しているという。再生周波数帯域はSE-CL40が5〜24000Hz、SE-CL35が10〜24000Hz。

 ドライバは希土類マグネットを採用した10.5ミリ径で、CCAWボイスコイルも併せて採用した。イヤーピースも既存製品から形状を見直すことで装着感を高め、音質の向上と音漏れの低減を果たした。また、耳のくぼみ部分にフィットする「セルフフィットホルダー」を設けることで装着時の安定感を高めている。

 カラーはSE-CL40がブラック/シルバー/パープル/ピンク、SE-CL35がブラック/ホワイト/パープル/レッドの4色となってる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう