ニュース
» 2009年09月02日 15時56分 UPDATE

テレビもラジオもこれ1台、“ホーム”ユースのブラビアワンセグ

ソニーがベッドサイドや卓上など室内での利用を主眼としたワンセグテレビ「XVD-S700」を発売。AM/FMチューナーも搭載する。

[ITmedia]

 ソニーは9月2日、ポータブルワンセグテレビ「XVD-S700」を10月21日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は4万円前後。

photo 「XVD-S700」

 携帯できるサイズながらも、移動中ではなくベッドサイドや卓上、リビングなど「宅内視聴」の需要を狙ったポータブルワンセグテレビ。5インチの液晶を搭載しながらも最薄部5ミリとスリムなデザインとなっているほか、内蔵アンテナながらも既存製品「XVD-100」比で約2倍と感度を高め、安定した視聴を可能としている。

photophoto

 液晶は約1670万色の色再現性を持ち、画像処理エンジン「モバイルブラビアエンジン」を搭載。コントラスト強調や明るさ補正、輪郭強調などの処理を施すことでワンセグ視聴に適した映像を作り出す。画面の明るさは5段階に調整可能で、画質モードも3つから選択可能だ。

photo 付属クレードルにはスピーカーやアンテナ端子などが用意されている

 本体には2Gバイトのメモリを内蔵しており、最大約10時間の録画が可能。録画はEGPや日時指定による予約録画(スポーツ延長対応)が行えるほか、本体上部に設けられた録画ボタンを押せば即座の録画も可能だ。AM/FMラジオチューナーも搭載しており、ラジオ利用時には高域ノイズをカットすることで音声を聞きやすくするノイズ低減機能も用意されている。

 付属するクレードルにはF型アンテナ端子も用意されており、端子を利用することで電波の届きにくい場所でもアンテナ線がきていれば受信が可能だ。また、クレードルに大口径スピーカーと3.5ミリステレオ入力も内蔵しており、組み合わせての視聴時には本体内蔵スピーカーとあわせてバランスの取れた音声でワンセグやラジオが楽しめるほか、ポータブルオーディオプレーヤーなどと組み合わせることもできる。

 サイズは168(幅)×95(高さ)×18(奥行き)ミリ、約221グラム。内蔵するバッテリーでワンセグ視聴時で約6.5時間、FMステレオ放送受信時で約27時間、AMラジオ受信時で約34時間の利用が行える(時間はいずれもヘッドフォン利用時)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう