ニュース
» 2009年09月10日 06時18分 UPDATE

ホームシェアリング可能な「iTunes 9」提供開始

アップルが「iTunes」の最新版「iTunes 9」を提供開始した。マシン間で楽曲などを共有可能なホームシェアリングなどさまざまな新機能を搭載した。

[ITmedia]
photo 「iTunes 9」

 アップルは9月10日、統合ライブラリソフト「iTunes」の最新版「iTunes 9」を発表、ダウンロード提供を開始した。対応OSはWindows XP/Vista、Mac OS Xバージョン10.4.10 以降。

 自宅内にある最大5台のマシン間で音楽や映画などを共有する「ホームシェアリング」機能が追加されたほか、iTunes Storeで販売される特定のアルバムで音楽とともにライブビデオや歌詞、アートワーク、ライナーノート、インタビュー、写真、アルバムクレジットなどを楽しめる「iTunes LP」や、同じくiTunes Storeで販売される特定映画で映像とともにドキュメンタリー、カットされたシーン、インタビューそしてインタラクティブギャラリーを楽しめる「iTunes Extras」といった新機能を搭載した。

 自身の持つライブラリにマッチした内容のプレイリストを自動的に呼び出す「Genius」は「Genius Mix」へと進化した。Genius Mixはユーザ自身のライブラリから“相性のよい曲”を選び出し、最大12のミックスを作成してくれる。そのほか、iPhone OS 3.1との連携によってiPhone上でのアプリケーションレイアウトをiTunes側にも反映させることが可能になったほか、アーティスト名やジャンルと写真データを同期させ、iPhotoの「イベント」「人々」にひもづけることも可能になった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.