ニュース
» 2009年09月16日 13時00分 UPDATE

ヤマハ、Blu-ray Discに対応したサウンドプロジェクター「YSP-4100」発表

ヤマハ、デジタル・サウンド・プロジェクターの新しいフラグシップモデル「YSP-4100」を11月に発売する。新たにBlu-ray DiscのHDオーディオをサポート。ビーム出力は7.1チャンネルになった。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ヤマハは9月16日、デジタル・サウンド・プロジェクターの新しいフラグシップモデル「YSP-4100」を発表した。新たにBlu-ray DiscのHDオーディオをサポートしたほか、本体の薄型化を図るなど市場のトレンドに合わせたリニューアルを行っている。11月5日に発売する予定で、価格はオープンプライス。店頭想定価格は15万8000円。

photophoto 「YSP-4100」。薄型テレビのトレンドに合わせ、奥行きは従来機「YSP-4000」より5.4センチ短い約9センチとなった

 デジタル・サウンド・プロジェクターは、多数の小型スピーカーからビーム状の音を放出し、壁面に反射させて「本当のサラウンド」を作り出す技術。ワンボディーという設置の手軽さにくわえ、従来のバーチャルサラウンドに比べて長時間の視聴でも疲れにくいといった特徴がある。

 YSP-4100は、2年前に登場したフラグシップモデル「YSP-4000」の後継機となる。スピーカーの数や内蔵アンプの出力は従来機と同じだが、筐体デザインや回路設計を一新。Blu-ray Discに使われるHDオーディオ(ドルビーTrue HDやDTS-HD Master Audio)のデコードに加え、マルチチャンネルのリニアPCM入力(HDMI)にも対応した。

 さらにビーム出力は、従来の5.1チャンネルから“7.1チャンネル”に進化。テレビの下にワンボディーのYSP-4100を設置するだけで、BDの音がフルに楽しめるという。「BD完全対応や本体の薄型化など、求められる機能をすべて提供する“フルスペックYSP”。長く使っていただける製品になったと思う」(ヤマハエレクトロニクスマーケティング企画・広報室の加藤剛士氏)。

 筐体は、薄型テレビに合わせて薄型化した。奥行きがYSP-4000より5.4センチ短い約9センチとなり、「薄型テレビの壁掛け/壁寄せ設置にぴったりと合う」(同氏)。オプションとして、YSP-4100用の壁掛け金具(5000円)も用意した。なお、薄型化で減少したキャビネット容量については、筐体を上方向に2.4センチのばすことで確保している。

 また同社のAVアンプと同じように、フロント部のFL表示がリネームに対応。ユーザーは、接続機器の種類(Blu-rayなど)や型番など、任意の名称を最大9字まで登録・表示させることができる。

photophoto リモコンも新デザイン。曲線を多用した流麗なデザインになった

 機能面では、テレビ番組とCMなどの音量差を吸収する「ユニボリューム」、シネマDSPに追加された「ゲームモード」などが新しい。ユニボリュームは、従来機に採用されていた「TV音量一定モード」や他社製品の「ドルビーボリューム」などと同じアプローチだが、マルチチャンネルを考慮した信号処理と人の聴感特性を考慮した周波数補正が特徴だという。「チャンネルバランスを壊さず、かつセリフを明瞭(めいりょう)にする。音量を調整しても、BGMの音でセリフが聞こえにくくなったりしない」(同氏)。

 一方のゲームモードは、信号処理による音声の遅延を抑えるため、「少し早く(音を)出す」というもの。従来機ではオートリップシンクの補正範囲を超えてしまうケースもあり、対応策を講じた形だ。

 HDMI入力は、対応機器の増加に合わせて4入力へと倍増した。HDMI CECを利用したリンク機能は、従来通りパナソニック、三菱電機など主要メーカー5社の製品と連携が可能。さらに東芝“REGZA”と日立製作所“Wooo”に関しては、カスタムの連係機能を追加している。

 例えばWoooシリーズ(02シリーズ以降)と組み合わせた場合、テレビが取得したEPGの番組ジャンル情報を使い、YSP-4100の音声モードを自動変更できるなど、テレビメーカーオリジナルの連携機能に近い機能を実現した。さらに同日発表のREGZA 9000シリーズなら、シネマDSPのモードの変更やユニボリュームのオン/オフまでをテレビ側から操作できる。

photophoto 背面端子。光デジタル入力が1系統減った(2系統)が、HDMI入力は4系統と倍増した

 またヤマハでは、YSP-4100と同時に各種オプションをリリースしている。専用のシアターラックをセットにした「YSP-LC4100」(オープン、実売20万円前後)をはじめ、壁寄せスタンドの「YTS-F500」(4万円前後)および「YTS-T500」(3万円前後)、YSP-4100にiPodをワイヤレス接続するトランスミッター「YIT-W10」(1万3000円前後)、市販のウーファーをワイヤレス接続するキット「SWK-W10」(1万4000円前後)をラインアップ。いずれも11月5日に発売する予定だ。

photo YSP-4100とシアターラックをセットにした「YSP-LC4100」。ピアノ塗装のラックに5ミリ厚の飛散防止強化ガラス天板を装備。ラック内部に5個口の電源タップを内蔵することで、すっきりとした配線を実現する。天板の幅は1360ミリで55V型までのテレビに対応する。奥行きは415ミリ

 そのほかの仕様は下表の通り。

型番 YSP-4100 YSP-4000(参考)
スピーカー数 4センチ×40ユニット、11センチ×2
出力 120ワット(2ワット×40+20ワット×2)
再生チャンネル数 7.1チャンネル 5.1チャンネル
HDオーディオ 対応 非対応
HDMI入力 4 2
そのほか入力端子 光デジタル×2、同軸デジタル×1、アナログ×2 光デジタル×3、同軸デジタル×1、アナログ×3
本体サイズ(幅) 1030ミリ 1030ミリ
     (高さ) 222ミリ 198ミリ
     (奥行き) 90ミリ 144ミリ
重量 10キログラム 15.5キログラム
実売価格 16万円前後 18万円前後(発売当初)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.