ニュース
» 2009年09月16日 15時57分 UPDATE

ソニー、S-Mater搭載の“最薄”ウォークマン「NW-A840シリーズ」

シリーズ最薄ボディに有機ELディスプレイ、デジタルアンプ「S-Master」とハイスペックなウォークマン「NW-A840シリーズ」が登場。最上位モデルは64Gバイトと大容量のメモリを搭載する。

[ITmedia]

 ソニーは9月16日、ウォークマンの新製品「NW-A840シリーズ」を10月31日より販売開始すると発表した。搭載メモリ容量の異なる「NW-A847」(64Gバイトモデル)、「NW-A846」(32Gバイトモデル)、「NW-A845」(16Gバイトモデル)の3製品が用意され、いずれも価格はオープン。実売想定価格は「NW-A847」が4万円前後、「NW-A846」が3万円前後、「NW-A845」が2万4000円前後。

photophotophoto NW-A840シリーズのブラック/ブラウン(写真=左、中)、ソニースタイル専売の「NW-A847/V」(写真=右)

 カラーはブラックとブラウンの2色を用意するほか、直販サイト「ソニースタイル」限定モデルとして64Gバイトのメモリを搭載する「アーティックバイオレット」(NW-A847/V)が用意される。

 同時発表された「NW-S740シリーズ」「NW-640Sシリーズ」と同様のデザインながら厚さをさらにスリムな7.2ミリに抑え(NW-S740/S640は7.5ミリ)、ウォークマンシリーズ中の“最薄”を名乗る。この薄型ボディには「NW-X1000」シリーズと同様にデジタルアンプ「S-Master」が搭載されており、ジッタ低減や低ひずみなどによって、高音質での再生を可能としている。

 このS-Masterに加えて、本製品には高域補完技術「DSEE」、ステレオのL/Rを明確に分離する「クリアステレオ」、低音ゆがみを抑制する「クリアベース」、MDR-NC33相当の13.5ミリ径ドライバ搭載のカナル型イヤフォン、約98%の騒音をカットするデジタルノイズキャンセリング機能と、合計6つの高音質化要素が投入されている。

 動画表示も可能なディスプレイは2.8型ワイド/400×240ピクセルの有機ELディスプレイ。NW-X1000シリーズの3型/432×240ピクセルによりひとまわり小さい。なお、NW-X1000シリーズに導入されているタッチパネルは非搭載で、ディスプレイ下のボタンで操作を行う。

 再生する曲にあわせて歌詞を自動スクロールさせる歌詞表示機能「歌詞ピタ」も搭載する。利用に際しては歌詞データを別途購入し(10曲/150円より)、ライブラリソフト「x-アプリ」上で楽曲データと歌詞データを同期させた上で転送する必要がある。x-アプリのインストーラーは本体メモリに保存されており、PC接続時にインターネット接続がなされている場合にソフト本体をダウンロードしてPCにインストールされる。

 x-アプリでは歌詞データの同期/転送と、音楽/動画/静止画/ポッドキャストの管理転送が行えるほか、「x-Pict Story」「x-ScrapBook」「x-Chronology」といったアプリケーション群と連携しての動画やフォトアルバム作成も可能だ。

 そのほか、同社BDレコーダー「BDZ-EX200」「BDZ-RX100」「BDZ-RX50」などが備える録画番組転送機能「おでかけ転送」が利用できるほか、スピードコントロール、A-Bリピート、クイックリプレイ、ダイレクトエンコーディング(録音のみ)、FMラジオなども搭載する。

 対応するオーディオ/ビデオファイル形式は、楽曲ファイルがATRAC/ATRAC Advanced Lossless/MP3/WMA/AAC/HE-AAC/PCM。動画ファイルがAVC/H.264、MPEG-4 SP、WMV。ドラッグ&ドロップでの転送にも対応している。サイズは約46.8(幅)×104.9(高さ)×7.2(奥行き)ミリ、約62グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.